Switch news

知っておきたい世界のニュース

リンゴマークがズレてるiPhone、フェイクニュースは半分本当だった

リンゴマークがズレてるiPhone、フェイクニュースは半分本当だった
Twitter/Internal Archive

ある日本人男性が持っている不良品のiPhone。その写真がフェイクニュースに利用されたおかげで、思わぬ高額の値がつきそうだ。

 

リンゴマークがズレたiPhone

 

そもそも始まりは、発売前の新型スマートフォンをスクープしているInternal Archiveというツイッターアカウントに投稿されたニュースだった。

 

Twitter/Internal Archive

 

リンゴマークの位置がズレているiPhoneの写真に、こんなコメントが付けられている。「2700ドルで売られたミスプリントのiPhone 11 Pro。このミスプリントは非常にレアなもので、100万に1つ、あるいはそれ以上に稀だと言っていい」。

 

このニュースはあっという間に広がり、「Apple Insider」や「Mac Rumors」を始めとしたテック系サイトが次々と取り上げたらしい。あるサイトでは、2700ドル(約29万円)という高額で取引された理由として、「アップル社の品質管理は非常に厳しく、デザインに不備があるものが流出すると、一種のコレクターズアイテムとなる」という説明がされていたそう。

 

ところがこのiPhone、実際には2700ドルで売れたりしていなかった。

 

持ち主が登場

 

この希少なiPhoneを実際に所有するy.shimizu_Dさんという人が、ニュースになっていることを知り、ニュースサイトのツイッターアカウントにこんな返信をした。

 

「9to5mac」(サイト名) 何かご質問は?

これは私のデバイスです。

売ろうとしましたが、誰も買ってくれませんでした。

なのでまだ持っています(笑)

 

 

ニュースを取り上げたYouTubeチャンネルにも返信している。

 

情報はいりませんか?

私はこのiPhoneのオーナーです。正確にはiPhone 11 Pro Maxです。

数週間前に売ろうとしましたが、誰も買ってくれませんでした。なのでまだ持っています。

 

 

y.shimizu_Dさんは、2019年12月、問題のiPhoneを購入し、写真を投稿している。どうやらそれが加工、流用されたようだ。リンゴマークがズレたiPhoneは実在したが、2700ドルで売れたりはしていなかった、ということになる。

 

 

y.shimizu_Dさんのツイッターには、買いたい、という書き込みがちらほらある。5000ドル(約54万円)を提示している人もいるようだ。だが、今のところ売る気はない、と彼は答えている。(了)

 

出典元:Odditycentral:Fake News Makes “Extremely Rare” Misprinted iPhone 11 Several Times More Expensive Than a New One(4/15)

出典元:9TO5Mac:Images show ‘extremely rare’ iPhone 11 Pro misprint with misaligned Apple logo(4/11)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top