小学校を訪問したキャサリン妃、体のある部分がおかしいとネットがざわつく


先日、イギリス王室のキャサリン妃は、小学校を訪問したが、その際に撮られた写真がネットで話題となっている。

 

3本の指の長さに注目が集まる

 

現在、キャサリン妃は第3子を妊娠しており、すでにお腹も大きくなっているが、先日オックスフォードにある小学校を訪れたという。その際、彼女は先生に案内されながらも、両手でバッグを持っていた。

 

その時の写真が公開されているのだが、そこに写っていたキャサリン妃の指の長さに多くの人が関心を寄せたという。

通常、中指が一番長く、次いで人差し指、さらに薬指の順になるようだが、ケイトさんの指はなんと、どれも同じ長さに見えたからだ。

Twitter/Catherine Wylie‏

やがてネットでは「指の長さが同じ!」「なんで75%の指がほぼ同じ長さなんだ?」「不思議」といったコメントが寄せられたとか。

過去の写真では同じ長さではない?

 

しかし何故、同じ長さに見えたのか?実際、3本の指が本当に同じ長さなのか?それを調べるため、過去の写真を集めてみた。

 

下の複数の写真はやや同じ長さに見える。

 

しかし、こちらの写真は、やはり指の長さは異なっている。

英紙の「TheSUN」は専門家の話を紹介しており、それによれば人差し指と薬指の長さが同じ人は記憶力に優れているという。

 

またこのような人は女性ホルモンが多く分泌している傾向にあり、子宮内のテストステロン(男性ホルモン)が少ない傾向にあるそうだ。

 

キャサリン妃は来月出産予定だという。今回の写真は撮影された角度などで同じ長さに見えた可能性もあるが、もしかしたら妊娠の影響もあるのかもしれない。(了)

 

 

出典元:THE Sun:ROYAL TOUCH This photo suggests Kate Middleton’s middle fingers are all EXACTLY the same length… and here’s what it means(3/7)

出典元:Mashable:The length of Kate Middleton’s fingers is causing controversy on the internet(3/12)