Switch news

World News Odyssey

Pickup

大金が運命を狂わせた?20ドルで脚光を浴びたホームレスとカップルの悲しい現在

大金が運命を狂わせた?20ドルで脚光を浴びたホームレスとカップルの悲しい現在
GoFundMe/Kate McClure

2017年11月、あり金をすべて使い一人の女性の安全を守ったホームレスの男性が脚光を集めた。彼に感謝を伝えるため、女性が彼氏と立ち上げた募金には多額の寄付金が集まったことは、美談として多くのメディアに取り上げられた。

 

それからまもなく1年。ホームレスとカップルの現在は、とても寂しいものになっている。

 

そもそもの出来事

 

米ニュージャージー州在住のケイト・マクルーアさんはある日、自宅に帰る途中のハイウェイで、ガソリン切れのために立ち往生してしまった。

 

あたりはすでに暗く、もちろん近くにガソリンスタンドもない。車の外で途方に暮れている彼女に近寄ったのが、ホームレスのジョニー・ボビットJr.さんだ。

 

ガソリンが切れていることに気づくと、「車に戻ってカギをかけておきなさい」とケイトさんに告げ、その場を去った。

 

次に戻ってきたときには、20ドル(約2200円)分のガソリンが入ったタンクを手にしていた。その20ドルは彼が持っている全財産。すべてを見知らぬ女性を守るために使ったのだ。

 

この出来事に感激したケイトさんは、ボビットさんが路上生活から脱出できるように、彼氏とともにGoFundMeを立ち上げた。

 

 

ボビットさんが退役軍人であることも注目を集め、1万ドル(約111万円)の目標に対して、集まった金額は40万ドル(約4439万円)以上。多くの人から寄せられた善意に、「これで人生が変わる」とボビットさんが涙する動画も投稿された。

 

全ては順調に見えた

 

ボビットさんがアメリカ中で話題になったころ、GoFundMe上では以下のように寄付金が使わると説明された。

 

・路上生活から脱却するための住まいとなるトレーラーハウスを購入
・車をプレゼント
・ひとつから毎年彼にお金が振り込まれ、もうひとつはファイナンシャルプランナーによって投資に運用されるふたつの信託を立ち上げる
・当座の生活資金
・寄付

 

これはボビットの弁護士やファイナンシャル・アドバイザーなどによって、決められたものだという。

 

髪を切ってすっきりし、

 

 

2018年4月には初めてのニューヨーク旅行を楽しんでいた。

 

薬物依存に陥ったかつてのヒーロー

 

順調そうなボビットさんだが、その後薬物依存症に陥り、リハビリ施設に入ったものの、出所後は再び路上生活に戻ってしまったという。

 

8月下旬、ボビットさんはかつて涙を流して感謝した相手のケイトさんとその彼氏を訴えた。訴えの内容は「寄付金の大部分をカップルが使ってしまった」というもの。

 

さらに、GoFundMeに書かれていたような、弁護士やファイナンシャル・アドバイザーはいなかったという。

 

9月6日にはカップルの元に家宅捜索の手が及んだ。

 

お金はどこに消えたのか?

 

8月27日にNBCの”Megyn Kelly Today”のインタビューにカップルが答えたところによると、GoFundMeに支払った後に残った寄付金は35万ドル(約3875万円)。ボビットさんへのトレーラーと車、そして日用品などの現物支給のためにお金は使われた。

 

しかし、ボビットさんの口座に2万5000ドル(277万円)をふりこむと、なんと彼は13日間で使い切ってしまったという。過去のお金を清算したり、家族にお金を送ったりもしていたが、ほとんどのお金はドラッグへと姿を変えた。

 

このことをきっかけにカップルは、ボビットさんからお金をせがまれても断るようになったという。まだ15万ドル(1661万円)以上の寄付金が残っており、カップルは自分たちで使ってはいないと主張している。

 

ボビットさんはすぐにでもドラッグのリハビリプログラムを受けるとのこと。

 

かつて多くの人の心を動かした美談は、どこまで汚れてしまうのだろうか。(了)

 

出典元:ABC News「Authorities search home of couple accused of squandering $400,000 raised for good Samaritan homeless vet」(9/6)
出典元:NBC News「Couple ordered to hand over money they raised for homeless veteran」(8/31)
出典元:GoFundMe「Paying it Forward

Return Top