Switch news

World News Odyssey

Pickup

まるで雪のよう!オスと思われたタコが無数の子供を出産、水族館もびっくり

まるで雪のよう!オスと思われたタコが無数の子供を出産、水族館もびっくり
YouTube/UGA Marine Extension and Georgia Sea Grant

アメリカの水族館である日、突然無数のタコの赤ちゃんが水槽の中で漂っているのが発見された。

 

スタッフはオスと思っていた

 

多くのタコの赤ん坊が発見されたのはジョージア州の町、Savannahにある水族館「UGA Marine Education Center and Aquarium」。

 

この施設の水槽には「Octavius(男性名)」という名前のマダコが、一匹だけ飼われていたという。

 

そしてキュレーターのDevin Dumontさんが10月の中旬頃、水槽のタンクを掃除しようと覗いたところ、その中に数千匹に及ぶ、生まれたばかりの赤ちゃんタコが漂っているのを見つけたとか。

 

この様子を見てDumontさんはびっくり。なぜならこのタコは、スタッフからメスとは思われていなかったからだ。

 

メスは出産後に死んでしまう

 

そもそも「Octavius」は最近捕らえられた野生のタコで、8月8日にサウスカロライナ州のチャールストンにある「South Carolina Aquarium」から世話をするよう依頼され、この水族館に運ばれたという。

 

またタコのメスは精子を数週間保管し、好ましい状況になった時に卵を生むそうだ。

 

「Octavius」も捕獲する前にオスと交尾をし、精子を蓄えていたと考えられているが、それまで水族館のスタッフは性別が分かっていなかったとか。

 

水槽の中で多くのタコの赤ちゃんを見つけたDumontさんは、その後一部をすくい、バケツに入れ、保育タンクへ移したという。

 

ただし捕らえられた多くのタコの赤ちゃんは、長く生きることができず、死んでしまうと言われている。

 

このため水族館は赤ちゃんの一部を、潮の満ち引きがある Skidaway川に流すことに決め、自然に帰したそうだ。

 

そして残りは隣接する「Shellfish Research Lab」という施設で、育てられることに。

 

また不幸なことに、この種のタコのメスも出産した後は、死ぬ運命にあるとか。そして最後まで子供を守り続け、命を全うするという。(了)

 

 

出典元:MailOnline:‘There are babies everywhere’: Octavius the lone octopus aquarium workers thought was male gives birth to thousands of babies(11/7)

出典元:savannahnow:‘There are babies everywhere’: Octopus at Aquarium at Skidaway comes with surprises inside(11/2)

Return Top