Switch news

まるで鬼のよう…インド人男性の頭に10cmの角が生えた!

まるで鬼のよう…インド人男性の頭に10cmの角が生えた!

男性の頭に長い角のようなものが生え、その後手術によって取り除かれた。

 

2014年に頭をぶつけ、傷を作る

 

その男性とは、インド中部のマドーヤプラデーシュ州の村、ラリで農業を営むShyam Lal Yadavさん(74)だ。

 

彼は2014年に頭をぶつけて傷を作り、その後頭に腫れ物ができたことに気づいたという。

 

しかし特に不快に思わなかったため、そのまま放置。すると腫れ物は固くなり、さらに成長し始め、ついに4インチ(約10cm)まで伸びたそうだ。

 

このためYadavさんは先日、同州のサーガル地区にある「Bhagyoday Tirth病院」で手術を受け、角が取り除かれた。

 

SWNS
SWNS

腫瘍の一種、爪と同じ成分

 

医者によればこれは「皮脂性の角」または「皮膚性の角」と呼ばれ、腫瘍の一種だという。たいていは人体に害を及ぼすことはないが、放っておくと有害になる可能性があるため、今回手術を受けてもらったとか。

 

この角は爪と同じ成分の「ケラチン(角質)」で構成されており、たいていは殺菌したカミソリなどで取り除けるそうだ。

 

研究者は放射線や太陽の光が、このような状態を引き起こしたと考えているという。

 

また腫瘍は太陽光に晒された身体の部分に現れ、このような角は顔や耳、手やつま先、時には性器にも作られることがあるとしている。

 

Yadavさんは手術の後、化学療法を受け、傷をふさぐため皮膚も移植され、現在はすっかり治っているという。(了)

 

 

出典元:NYPost:Four-inch ‘devil horn’ removed from man’s head(9/18)

出典元:METRO:Four-inch ‘devil horn’ growth had to be removed from a man’s head(9/18)

Return Top