Switch news

知っておきたい世界のニュース

香港民主派の活動家・黄之鋒氏逮捕、1年前のデモに参加した容疑

香港民主派の活動家・黄之鋒氏逮捕、1年前のデモに参加した容疑
Twitter/Joshua Wong

香港の著名な民主派活動家である黄之鋒(Joshua Wong)氏が先日、香港当局に逮捕された。理由は昨年の違法とされた集会に参加したからだという。

 

昨年10月のデモに参加した容疑

 

黄氏は9月24日、香港当局によって逮捕され、その後保釈された。

 

黄氏の弁護士は「黄氏が(昨年の)10月5日に行われた違法な集会に参加したことで起訴されました。当時は数百人の人々が、香港当局の発令したマスク着用禁止に反対するためデモ行進を行っていました」と述べている。

 

また彼は現在、3つの裁判の審理を受けているが、弁護士によれば、黄氏は審理中の別の事件について警察署に報告したところ再逮捕されたという。

 

その後、保釈された黄氏はリポーターに対し「例え何が起きようとも、私は抵抗し続けます。そして世界の人々に、香港の人々がどのように降伏しない道を選んだのかを知らせたいと願っています」と答えたという。

 

マスク着用禁止に対するデモ

 

昨年の10月5日時点では、すでに4カ月に及ぶデモが繰り広げられ、強硬派の参加者の中には中国本土とつながりのある商店を破壊したり、道路を封鎖したりする人々もいたと言われている。

 

当時、ほとんどのデモ参加者がマスクを着用していたが、香港政府のキャリー・ラム行政長官はマスク着用を禁止し、これに反対する人々が抗議デモを行ったそうだ。

 

マスク着用を禁止したのは、デモ参加者の顔や身元を特定するためと考えられているが、現在は新型コロナ対策のためにマスク着用は義務となっている。

 

EUも今回の逮捕を批判

 

今回の、黄氏の逮捕を受けて、ヨーロッパ連合(EU)は24日、この措置を批判。夏以降、香港当局は中国政府に批判的なメディアの社長や、民主派の活動家らを拘束してきたが、ヨーロッパ連合は今回の逮捕も、その一連の動きと同じであるとして非難している。

 

黄氏は10年間のほとんどを抗議活動に費やし、2度も投獄されているという。また元学生指導者のネイサン・ロウ氏はイギリスに逃亡し、現在国家安全法のために指名手配されている。

 

さらに15歳の時から黄氏と一緒に抗議行動を主導してきた周庭氏も、先日逮捕・保釈された。(了)

 

出典元:France24:Hong Kong activist Joshua Wong arrested for ‘unlawful assembly’ over 2019 protest(9/24)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top