Switch news

米沿岸警備隊が麻薬を密輸していた小型潜水艇を発見、追跡する動画を公開

米沿岸警備隊が麻薬を密輸していた小型潜水艇を発見、追跡する動画を公開
Twitter/U.S. Coast Guard

アメリカの沿岸警備隊が、麻薬を運んでいた小型の潜水艇を追跡し、当時の様子をとらえた動画を公開した。

 

隊員が潜水艇に飛び移る

 

この動画が撮影されたのは6月18日、場所は太平洋東部の公海上とされている。

 

動画には沿岸警備隊の船が、海面からわずかに船体をのぞかせた小型潜水艇と並走する場面が映っている。当時警備隊員の1人は、スペイン語で「止まれ!」と叫び続けていたという。

 

やがて2人の警備隊員が潜水艇に飛び移り、1人が船体の前部に接近。ハッチを激しく叩き、中にいる乗組員に開けるよう促した。

 

250億円相当のコカインを押収

 

沿岸警備隊のスポークスマンによれば、最初にパトロール中の飛行機がこの小型潜水艇を発見し、その後沿岸警備隊の船「Munro」に伝えたという。

 

この潜水艇の長さは45フィート(約14m)。ちょうどエクアドルとコロンビアの国境付近、数百マイル沖合を時速16kmで航行していたそうだ。

 

潜水艇に乗り移ったチームは、ハイリスクな任務に特化しており、薄暗いハッチの内部を見るための暗視装置も装備していたと言われている。

 

 

潜水艇の中には5人の人間がおり、末端価格で2億3200万ドル(約250億円)に相当するコカイン、7.7tを押収した。

 

沿岸警備隊によれば、このような小型潜水艇を作るのはコストがかかるため、麻薬の密輸で使われるのは珍しいという。

 

また沿岸警備隊は他にも、今年の5月から7月にかけてメキシコや南米、中米で14件も麻薬の密輸を摘発。合計で3万9000ポンド(17t)のコカインと、933ポンド(450kg)のマリファナを押収しているそうだ。(了)

 

 

出典元:ABC News:Members of the US Coast Guard board alleged drug-smuggling vessel: Video(7/11)

Return Top