Switch news

知っておきたい世界のニュース

英のウィリアム王子、4月に新型コロナに感染、密かに病気と闘っていたとの報道

英のウィリアム王子、4月に新型コロナに感染、密かに病気と闘っていたとの報道
Twitter/The Duke and Duchess of Cambridge

イギリス王室のウィリアム王子が、今年の4月にすでに新型コロナウイルスに感染し、病気と闘っていたことが複数のメディアで伝えられている。

 

感染後、呼吸が困難になり苦しむ

 

英メディアの「The Sun」などによれば、ウィリアム王子は今年の4月、父親のチャールズ皇太子が3月に新型コロナに感染した後に、感染が確認されたという。

 

王子は王室専属の医師の治療を受け、Norfolk にあるAnmer Hallの邸宅内で、自主隔離を行っていたが、当時は呼吸困難で苦しんでいたそうだ。

 

しかし国民を驚かせたくないとの理由から、今まで新型コロナに感染したことも明らかにしてこなかったとか。

 

また彼の妻であるキャサリン妃は新型コロナに感染しておらず、検査でも陰性だったという。

 

皇太子に続き英首相も感染していた時期

 

ウィリアム王子の周りにいた人々は、彼が新型コロナに感染して呼吸困難の状態であることを知り、パニックに陥っていたと言われている。

 

また当時はチャールズ皇太子に続き、イギリスのボリス・ジョンソン首相も新型コロナに感染し、入院したと報じられていた。

 

このためウィリアム王子は、これ以上国民に不安を与えることを望まず、感染を公表しなかったそうだ。

 

しかしそんな中でも王子は義務を果たすことを決意。実際、感染が判明した4月には、電話やビデオを使ったリモート公務を14件もこなしている。

 

また4月1日には、ウィリアム王子は国営(NHS)の病院に電話をし、新型コロナの最前線で戦う医療関係者を褒めたたえ、応援していたという。

 

ただしウィリアム王子が新型コロナに感染していたとの情報について、まだケンジントン宮殿側はコメントをしていない。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Prince William ‘secretly battled coronavirus in April’ – days after his father Charles contracted it – and was left ‘struggling to breathe’(11/2)

出典元:THE Sun:WILLS’ COVID FIGHT Prince William battled Covid in April and ‘struggled to breathe’ but kept it secret so he didn’t alarm the nation(11/2)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top