Switch news

知っておきたい世界のニュース

「票を数えろ!」「票を数えるな!」激戦州でトランプ支持者らが開票所に集結

「票を数えろ!」「票を数えるな!」激戦州でトランプ支持者らが開票所に集結
Twitter/Nicole Valdes

アメリカの大統領選挙が大詰めを迎えているが、カギとなっている地区の開票所には、トランプ・サポーターが押し寄せ、さまざまな要求を行ったという。

 

票を数えるよう求める

 

まず接戦となっていたアリゾナ州のマリコパ郡にある選挙管理局(開票所)には、4日の午後7時30分頃(現地時間)に、多くのトランプ支持者が集まり始めたという。

 

彼らは、票の集計プロセスの透明性を要求しており、きちんと投票用紙が数えられているか確認するため、センターの中へ入れるよう求めたそうだ。またトランプ支持者らは油性ペンで書かれた投票用紙が集計されているかについても懸念を示し、票を数えるよう声を上げていたという。

 

 

集まったトランプ支持者の中には極右グループのメンバーもおり、中にはセンターに入ろうとした人もいたとされ、実際に数人が中へ入って職員に説明を求めたとも伝えられている。

 

 

しかしその後、午後9時45分には、装備で身を固めた郡の保安官らが開票所へやってきて、内部の安全を確認。外で抗議する人々を移動させる構えを見せたとか。

 

その後、バイデン氏の勝利が確定

 

11月4日の午後7時の時点で、バイデン氏はトランプ大統領より約8万票上回っていたが、マリコパ郡では40万票近くがまだ数えられていなかったという。

 

ペンシルベニア州、ジョージア州、ネバダ州などの他の州も大統領の勝者を決定するために開票を続けているため、アリゾナ州の11の選挙人票が選挙の決定に影響を与える可能性があると言われてきた。

 

午後10時30分頃、マリコパ郡選挙管理局は、建物の外に群衆がいることを懸念して施設を閉鎖。しかしツイートの中で同局は、集計作業が引き続き行われると述べたそうだ。

 

その後、集計作業が進められ、アリゾナ州ではバイデン候補の勝利が確定したという。(ただし日本時間の5日21時時点で、ニューヨークタイムズやCNN、ABC Newsなどはまだ当確を出してはいない)

 

ミシガン州では「数えるな」

 

その一方で、すでにバイデン氏の勝利が伝えられているミシガン州のデトロイトの開票所では、約10時間ほど前に、トランプ支持者が集結。逆に郵便投票などの集計を止めるよう求めたという。

 

 

ここではトランプ支持者らが、センターの内部に入り、窓ガラスを叩いて、集計を止めるよう妨害したため、その後警察が出動。人々を解散させ、騒動はひとまず収まったそうだ。

 

トランプ支持者が集まり出したのは、ミシガン州でバイデン候補の勝利が確実だと報じられてからだとされている。

 

以前から、どちらの候補者が勝利しても、混乱が起きると予想されていたが、さらなる混乱が起きないことを願う。(了)

 

出典元:KTAR NEWS:Protesters gather outside Maricopa County Elections Department(11/4)

出典元:ABC13:Pro-Donald Trump crowd gathers outside Arizona county recorders office where votes are being counted(11/5)

出典元:Chronicle Journal:Trump backers demand Michigan vote centre ‘Stop the count!’(11/4)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top