Switch news

知っておきたい世界のニュース

イスラエルの遺跡で古代の鶏卵を発見、ほぼ完全な状態で残っていた!

イスラエルの遺跡で古代の鶏卵を発見、ほぼ完全な状態で残っていた!
Facebook/Israel Antiquities Authority

イスラエルにある古代の遺跡から、損なわれていないニワトリの卵が発見された。

 

約1000年前の卵だった

 

その古代の卵が見つかったのは、イスラエル中部の都市、Yavneの遺跡だとされている。

 

当時、イスラエル考古学庁の研究者らは、都市拡張計画の一環として、遺跡の発掘調査を行なっていたという。

 

その時、今からおよそ紀元後1021年のものと思われる古代の卵を発見。6月9日にそのことを発表した。

 

Facebook/Israel Antiquities Authority

完全な卵は非常に珍しい

 

この卵はほとんど損なわれておらず、殻も完全な状態で残っていたとされている。

 

また古代の家禽類研究の第一人者であるLee Perry Gal博士によれば、過去にも卵の殻などは見つかっているが、このような状態は非常にレアだという。

 

「例えばダビデ市やカエサリア、アポロニアなどでは、古い時代における卵の殻の断片が知られていますが、卵の殻は壊れやすいため、鶏卵全体が保存されているものはほとんどありません。世界的に見ても、非常に珍しい発見です」

 

考古学者によると、この卵が保存されていたのは、主に発見された場所の性質によるもので、人間の排泄物の層に包まれていたため、滅多にない嫌気(酸素のない)状態になっていたという。

 

また遺跡からは古代のダチョウの卵が発見されることはあるが、それは殻が厚いため、そのまま保存されているそうだ。

 

Facebook/Israel Antiquities Authority

その後、卵はどうなった?

 

そもそもイスラエルでは、2300年前のヘレニズム時代や初期ローマ時代から鶏が飼われていたが、7世紀以降には、豚肉を食べることが禁止されていたという。

 

このため家族は、冷却や保存を必要としないタンパク質の代替品を必要としており、それが卵と鶏肉だったと言われている。

 

ただし今回発見された卵の殻は、その後、イスラエル考古学庁の有機物研究室に運ばれた後に、割れてしまったそうだ。

 

そして肝心の中身だが、卵の黄身がかろうじて残っていただけで、あとは空っぽだったとか。研究者は、残ったものを取り出し、コラーゲンを抽出して、DNAの配列を調べるつもりだという。(了)

 

出典元:Forward:1,000 year old intact chicken egg discovered in Israel – but cracked open while being examined(6/9)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top