Switch news

知っておきたい世界のニュース

犬より小さなミニチュアホース、生まれて間もない赤ちゃんが激カワ

犬より小さなミニチュアホース、生まれて間もない赤ちゃんが激カワ
YouTube/SWNS

おそらく世界で最も小さいと思われるミニチュアホースの映像が、アメリカで撮影され、ちょっとした注目を集めている。

 

生後6週間、体重は8.6kgしかない

 

その動画に登場するミニチュアホースとは、カリフォリニア州のサンディエゴで暮らす「Peabody」だ。

 

この馬はまだ生後6週間の赤ちゃんで、普通の犬よりも小さく、体重も約8.6kgしかない。

 

もちろん赤ちゃんということもあるが、やはり平均的なミニチュアホースよりも小さいとされている。

 

成長するまでは外で生きていけない

 

飼い主であり、ミニチュアホースのトレーナーでもあるFaith Smithさんによれば、「Peabody」はこの年齢のミニチュアホースとしては、世界で最も小さいという。

 

またSmithさんは、馬は決して室内で飼育する動物ではないが、「Peabody」はあまりにも小さいため、成長するまでは外で生きていくことはできない、と語っている。

 

さらに「Peabody」はあまりにも小さく、乳房に届かなかったため、母親からも育児放棄にあってしまったとか。

 

しかし今では飼われている犬と一緒に、家の中で元気よく暮らしているという。(了)

 

下の「faithfulminis」さんのTikTokアカウントには、数多くの動画が投稿されている。そちらも是非、ご覧いただきたい。(了)

 

@faithfulminis##peabodythesmallesthorseintheworld ##peabody ##faithfulminis♬ original sound – Faithful Friends Mini Horses

出典元:SWNS :‘Smallest horse in world’ abandoned by his mother now lives indoors and has three dog friends (6/23)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top