Switch news

知っておきたい世界のニュース

ロンドンでは「オミクロン株」が44%、48時間後には主流になる:英保健相

ロンドンでは「オミクロン株」が44%、48時間後には主流になる:英保健相
flickr_cchana

イギリスの保健相が先日、新型コロナウイルスの「オミクロン株」の広がりについて、議会で証言した。

 

「これほど早く広がった変異株はない」

 

サジッド・ジャビット保健社会福祉相は12月13日、議会において、今後48時間で「オミクロン株」が、ロンドンで主流になるとの予測を発表した。

 

ジャビット保健相によれば、「オミクロン株」はすでにイングランドの感染者の20%に及び、ロンドンでは44%を占めているという。

 

その上で保健相は「新型コロナウイルスの変異株で、これほど早く広がったものはない」と述べたそうだ。

 

1人が死亡、10名が入院

 

イギリスでは現在、「オミクロン株」に感染した患者、10名が病院に入院しており、13日には英国内で初めて、この変異株に感染した1人の患者の死亡が確認されたという。

 

その上でジャビット保健相は次のように述べている。

 

「入院と死亡は、感染から約2週間のタイムラグがあるため、今後数日から数週間の間に、これらの数字が劇的に増加することが予想されます。この準備として、イギリスの4人の最高医療責任者は、先週末に新型コロナの警告レベルを2番目に高い4に引き上げました。またイングランドのNHS(国民保健サービス)も、最高レベルの緊急事態への備えに戻ることを発表しました。レベル4の国家的事件なのです」

 

その一方で、保健相はすでにイギリスの成人の40%が、ワクチンのブースター接種を受けているとし、さらに多くの人にブースター接種を受けるよう促している。(了)

 

 

出典元:ABC News:Omicron expected to be dominant variant in London within 48 hours(12/13)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top