Switch news

知っておきたい世界のニュース

世界最大の木造帆船がイギリスに寄港、過去に沈没した船を複製

世界最大の木造帆船がイギリスに寄港、過去に沈没した船を複製
Twitter/jason

先日、ロンドンの港に世界最大の木造帆船が寄港し、その様子が撮影された。

 

スウェーデンの船、1745年に沈没

 

その木造帆船とは、18世紀に活躍したGöteborg(ヨーテボリ)号だ。

 

この船はもともと、スウェーデンの東インド会社が所有する船だったが、1745年にスウェーデンの港湾都市、ヨーテボリ郊外で沈没したという。

 

しかしその後、1995年にオリジナルの技術と素材を使って、再び建造が開始され、20年後に完成。今回ロンドンに到着し、4日間の予定で、停泊することになった。

 

スポンサーリンク

船内が一般公開される

 

Göteborg号は、8月8日の午前8時半から9時半にタワーブリッジを通過し、午前10時にカナリー・ワーフに停泊したという。

 

その後、船は8月8日から11日まで一般公開され、12日の午後には再び、出航したそうだ。

 

Twitter/Back in Time West London

 

 

船内では、船の案内はもちろん、船の歴史について話を聞くこともできたという。

 

Gotheborg号は2年間のヨーロッパ・アジア探検の旅の途中とされ、2023年9月に最終寄港地である上海に到着する予定とされている。(了)

 

出典元:Standard:Gotheborg docks in London for four-day visit(8/9)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top