Switch news

World News Odyssey

Pickup

新シンデレラに違和感あり。旧シンデレラとの違いにあなたは気づける?

新シンデレラに違和感あり。旧シンデレラとの違いにあなたは気づける?

2018年冬に公開される『シュガー・ラッシュ:オンライン』。2012年公開の『シュガー・ラッシュ』のメインキャラクターであるヴァネロペとラルフが、ゲームの世界を飛び出してインターネットの世界に足を踏み入れる物語だ。

 

予告編が話題に

 

6月4日には予告編が公開され、5日間で再生回数が1000万回を超えるほどの注目を集めている。

 

 

また、アイアンマンがカメオ出演していたり、スターウォーズシリーズのストームトルーパーに追いかけられたりと、ほかのディズニー作品とのクロスオーバーが楽しめることでも話題だ。

 

 

なかでも話題なのは、歴代のディズニー・プリンセスが一堂に会していること。

 

 

私もプリンセスだと主張するヴァネロペとそれを疑うプリンセスとのやり取りも、予告編には盛り込まれている。

 

シンデレラの姿に違和感が…

 

3DCG化された歴代プリンセスが、「昔と違う」と違和感を覚えた人がいる。その違和感がどこにあるのか、わかるだろうか。

 

 

左が『シュガー・ラッシュ:オンライン』版のシンデレラ。右が1950年に公開されたクラシックなシンデレラだ。

 

もちろん『シュガー・ラッシュ:オンライン』版は、ガラスの靴をたたき割って武器にしてしまう逞しさを持ち合わせているが、見た目にある変化が起きているのだ。

 

このツイートの投稿主である@kaprikumeさんは、お姉さんに「何が違うと思う?」と聞くと、「髪型? 新しいほうにはまつげがないんだ!」と答え、@kaprikumeさんの気づいた違いにはたどり着かなかったそうだ。

 

“耳”がある!

 

二つの違いは“耳”。1950年公開の映画では、この衣装になると、シンデレラの耳は髪とヘアバンドに隠れてしまう。

 

 

ちなみにシンデレラには「シンデレラ2」「シンデレラ3」もあるが、いずれもブルーのドレス姿になると耳はない。ただし、2015年の実写版『シンデレラ』では、ブルーのドレス姿になっても耳はある。

 

 

また、ディズニーツムツム版も耳はないようだ。

 

 

@kaprikumeさんのツイートは、6月5日に投稿されると4日間ほどで6万5000件以上リツイートされ、16万件を超える「いいね」がよせられている。

 

また、リプライには、「私も気になっていた」「耳がでかすぎるとは思ったけど、元々は耳がなかったなんて気づかなかった」などの声があがっている。

 

皆さんは、ふたつの違いに気づいただろうか。

 

アイキャッチ画像:Véronique Debord-Lazaro/Flickr

Return Top