Switch news

知っておきたい世界のニュース

ビリー・アイリッシュ、フェスでダンサーが「身代わり」を務めていたと告白

ビリー・アイリッシュ、フェスでダンサーが「身代わり」を務めていたと告白
Instagram/billieeilish

アメリカ人歌手のビリー・アイリッシュさんがインタビューにおいて、以前ステージでダンサーが自分の「身代わり」になっていたことを告白した。

 

ダンサーがアイリッシュのふり

 

アイリッシュさんは先日、ストリーミングラジオ「Apple Music 1」のMatt Wilkinsonさんから、インタビューを受けたという。

 

そこで2022年4月に、カリフォルニア州で開催された「コーチェラ・フェスティバル」において。ステージでダンサーの1人を自分の「ボディダブル(身代わり)」として登場させていたことを告白し、次のように述べたそうだ。

 

「私が以前、着ていた衣装を彼女(ダンサー)に着せたの。そして黒いウィグを着けて、後ろで結って、彼女にマスクとサングラスを与えて、彼女は私の靴を履いて、靴下も履いたの」

 

「私は彼女をステージの後ろに立たせて、ライトが当たる間、彼女はそこに立っていたわ。皆、それを私だと思っていたの。誰も、それが私ではないとは知らなかったのよ。文字通り、誰も知らなかったわ。そして彼女がそこに立っている間、私は大きな黒いコートを着て、トラフィック・ベストとフードを着て、ただメガネをかけていたのよ」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿

スポンサーリンク

入れ替えは歌のイントロで

 

この入れ替えは歌のイントロの時に行われ、アイリッシュさんの曲「Oxytocin」と「Happier Than Ever」が流れ、スモークとライトに包まれながら、彼女に扮したダンサーが立っていたという。

 

しかも2分間も、コンサート会場の巨大スクリーンにはアイリッシュさんが映し出されず、その後、彼女は 「bury a friend」を歌い始めて、ようやく姿を現したそうだ。

 

スポンサーリンク

マンチェスターでは新曲を披露

 

今月初め、アイリッシュさんと弟のフィニアスさんは、イギリス・マンチェスターでのコンサートで「TV」というタイトルの新曲を初披露した。

 

この未発表曲は、交際中だったマシュー・タイラー・ヴォースとの破局や、ジョニー・デップとアンバー・ハードの名誉毀損裁判について言及したものとされている。

 

また彼女は8月26日に日本での公演を予定している。果たしてその際にも、「身代わり」が使われるのだろうか?(了)

 

 

出典元:NYPost:Billie Eilish tricked fans with secret body double: ‘Nobody ever knew’(6/22)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top