Switch news

知っておきたい世界のニュース

Netflixの番組公開で、ヘンリー夫妻をより「肯定的」に受け止めた人は4%

Netflixの番組公開で、ヘンリー夫妻をより「肯定的」に受け止めた人は4%
Twitter/Netflix

先週、Netflixでヘンリー王子とメーガン妃のドキュメンタリー番組が放送されたが、その後世論調査が行われた。

 

番組「ハリー&メーガン」

 

その番組とは「ハリー&メーガン」。12月8日にエピソード1〜3が公開され、注目を集めたという。

 

番組では2人がどのように出会い、恋に落ちたかを詳細に語るなど、個人的なエピソードも数多く披露され、王室に関する内容も満載だったという。

 

しかしメーガン妃は、報道陣から「明らかな人種差別」を受けているとの考えを繰り返し、またイギリス王室への批判も飛び出して、議論を呼んだそうだ。

 

スポンサーリンク

2人にやや否定的な見方

 

そして12月14日には、4026人のイギリス人に対して行われた「YouGov」の世論調査が発表され、2人にやや否定的な見方が多くなったという。

 

ドキュメンタリーが公開されて以来、2人への見方が、より「肯定的」になった人はわずか4%にとどまったそうだ。

 

一方、より「否定的」に受け止めた人は14%。「肯定的のまま変化なし」の人は11%で、「否定的なまま変化なし」の人は34%もいたという。

 

 

またメーガン妃を支持している人は全体の27%で、51%が彼女を好きではないと答えているそうだ。メーガン妃は一般的に、年配者よりも若い世代に好かれているという。

 

ヘンリー王子の支持率は37%、不支持率は38%となっている。

 

前回の12月8日に行われた世論調査では、ヘンリー王子の人気は11月に比べ13%下がり、メーガン妃も7%下がったと言われている。(了)

 

出典元:METRO:Just 4% of Brits think more positively about Harry and Meghan after Netflix show(12/14)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top