Switch news

22年前に誘拐された赤ん坊を救ったFBI捜査官、引退の日に成長した男性と再会

22年前に誘拐された赤ん坊を救ったFBI捜査官、引退の日に成長した男性と再会

アメリカで連邦捜査官(FBI捜査官)が引退する日に、誘拐事件で救い出した被害者の男性と再会を果たした。

 

引退セレモニーで再会

 

その連邦捜査官とは、Troy Sowersさん。彼は8月9日に22年間勤務していたFBIを引退することになったという。

 

しかし彼の同僚らが、ある男性の居所を調べ、テネシー州で行われた引退セレモニーに招待。そこでSowersさんと、男性が再会することができた。

 

その男性とはStewart Rembertさん。現在は海兵隊に所属しているが、22年前彼はある病院から誘拐された人物だった。

 

誘拐事件の詳細とは?

 

1997年、生まれたばかりのRembertさんは、看護師に扮した女によって、ワシントン州にある病院から誘拐されたという。

 

通報を受けた警察とFBIは大規模な捜査を開始。その結果、犯人の女を拘束する。

 

女は赤ん坊を、タコマの街にあるレストランのゴミ箱付近に捨てたと証言。その情報をもとに当時、新人だったSowersさんが現場に急行した。

 

しかしその時、すでに女が赤ん坊を捨ててから数時間が経っていたため、FBIのチーフ捜査官も赤ん坊が生きているかどうか心配していたそうだ。

 

Sowersさんはやがてレストランのゴミ箱の横にあった小さな箱の中で、赤ん坊を発見。抱き上げた時には泣き声を発していなかったという。

 

だが赤ん坊はその後、首元に鼻をすり寄せてきたため、生きていることを確認、元気でいることも分かったとか。

 

やがて、現場には救急隊員が到着。赤ん坊をすぐに病院へ搬送したため、Sowersさんも二度も赤ん坊に会うことはないだろうと考えていたという。(写真左がRembertさん、中央がSowersさん)

 

「今、ここにいなかったでしょう」

 

もっともSowersさんは、その後も赤ん坊が今どうなっているか、時折考えることがあったそうだ。そして今回、引退の日にRembertさんと再会を果たすことができた。

 

Rembertさんの方も嬉しく思っていたようで、再会する直前のNBCの取材に対しても次のように語っている。

 

「Sowersさんの努力がなければ、私は今日ここにはいなかったでしょうし、海兵隊員にもなっていなかったかもしれません。私の家族も同じでしょう。私は今日、Sowersさんに会えて本当に興奮していますし、名誉を感じています」

 

その後、セレモニー会場に現れたRembertさんは、自分を救ってくれたSowersさんと握手を交わし、お互いに抱き合ったという。(了)

 

 

出典元:NBC:Retiring FBI agent has surprise reunion with kidnapped baby he rescued as a rookie(8/10)

Return Top