Switch news

香港デモ、1台のタクシーがデモ参加者を轢こうとする動画が公開される

香港デモ、1台のタクシーがデモ参加者を轢こうとする動画が公開される

香港で「逃亡犯引渡し条例改正案」の撤回を求め、民主派のデモが繰り広げられる中、タクシーがデモ参加者をひき殺そうとするショッキングな映像が撮影された。

 

タクシーがデモ参加者を轢こうとする

 

この動画は8月5日に、ツイッターに投稿されたもの。そこには封鎖された道路の奥から、1台のタクシーが動き出す様子が映っていた。

 

道路の先には電柱の陰に隠れたデモ参加者がいたが、やがてタクシーはハンドルを切り、その男性に向かっていく。

 

もっとも電柱があったため、車がデモ参加者の男性にぶつかることはなかったが、その後もタクシーは次々と他のデモ参加者を轢き殺そうとするかのように、走り続けた。

 

公務員も参加、空港は混乱

 

これまで香港でのデモは学生が中心だったが、5日にはついに大規模なストライキが行われ、7地区で一斉に抗議集会が開かれた。

 

ストは一般企業から政府機関の職員など、あらゆる業界に参加が呼びかけられ、金融、IT、交通、自営業など幅広い業種が賛同。公務員を含め多くの人がストと集会に参加したという。

 

その上で彼らも逃亡犯条例改正案の完全撤廃や、警察の暴力を検証する独立調査委員会の設置を求めたそうだ。

 

一方でデモ隊の一部は、空港に向かい、職員らにストライキを呼び掛けたため、200便以上が欠航となった。また駅では、デモ隊が電車の運行を阻止するなどしたため、混乱が起きたとも言われている。

 

またデモ参加者がバリケードを作って各地の道路を封鎖。これによりバリケードに車が突っ込み、1人が負傷する出来事もあったそうだ。

 

中国政府は強い口調で警告

 

中国政府はすでに、たびたび香港デモについて警告をしており、7月29日には香港マカオ事務弁公室の徐露穎報道官が記者会見で「暴力は暴力、違法行為は違法行為」だと語った。

 

また同報道官は、「香港で最近起きたことは、平和的な行進とデモの範疇を大きく超えており、香港の繁栄と安定を損ねた。『1国2制度』という原則の根幹に触れるものだ」と主張。さらに「法の秩序の下にある文明社会で、暴力行為は決して許さない」とも述べている。

 

さらに中国人民解放軍の香港駐留軍は先週、兵士が対暴動訓練を行う様子を中国のソーシャルメディア「微博」に投稿。

 

これに先立ち、7月24日には中国国防省の呉謙報道官が記者会見で、香港政府の要請があれば現地の中国人民解放軍が出動することが可能だとの立場を強調した。

 

そしてまだ確認されていないが、すでに香港に隣接する深圳市では、中国人民解放軍が集結しているとの情報も流れている。(了)

 

 

出典元:Mirror:Hong Kong protests: Taxi tries to mow down pro-democracy campaigners(8/5)

出典元:livedoor NEWS:香港で大規模スト 公務員も参加/「逃亡犯条例」発端 「民主と自由かちとる」(8/6)

Return Top