Switch news

知っておきたい世界のニュース

ビーチにいる人もびっくり!突然、第2次世界大戦の飛行機が現れ、海に着水

ビーチにいる人もびっくり!突然、第2次世界大戦の飛行機が現れ、海に着水
Twitter/Drift House

アメリカのビーチに、第2次世界大戦中に作られた飛行機が現れ、海に不時着した。

 

アメリカ海軍の雷撃機が出現

 

その事故が起きたのは4月17日、場所はフロリダ州にあるPatrick Space Force Baseビーチの近くだという。

 

当時、ビーチには海水浴客がいたが、そこへ突然、第二次世界大戦で使われたアメリカ海軍の雷撃機「TBMアベンジャー」が姿を現したという。

 

「TBMアベンジャー」は海で泳ぐ人々の頭上を低空で飛び続け、やがて海面に着水した。その様子はビーチにいた複数の人々によって撮影されている。

 

海にいた人もパイロットにもケガはなし

 

この「TBMアベンジャー」は当時、「Cocoa Beach航空ショー」に参加していたとされ、その後飛行機の機械的な問題が発生。パイロットがなんとか、海に着水させたという。

 

この事故によりビーチや海にいた人にケガ人は出ておらず、その後駆けつけた救急隊員もパイロットが無事であると伝えた。

 

当時、ビーチにいたMelanie Schraderさんは「飛行機はバチバチといった音を立てながら、ビーチに降りてきて、これは良くないなと思って、撮影を始めたんです。パイロットは最後の(着水の)瞬間に機体を引き上げて、海にいた人を避けたように見えました」と語っている。(了)

 

出典元:Florida Today:No injuries reported after Air Show plane makes emergency water landing south of Cocoa Beach(4/17)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top