Switch news

千島列島にある火山が爆発、NASAが噴火の様子をとらえた鮮明画像を公開

千島列島にある火山が爆発、NASAが噴火の様子をとらえた鮮明画像を公開

日本の北東にある千島列島。その中の火山島が先日噴火して、鮮明な画像が公開された。

 

1924年に噴火して以来初めて

 

この噴火が起きたのは、千島列島にある雷公計島(らいこけとう)とされている。この島は標高551mの火山島で、現地時間の6月22日午前4時頃に、噴火が確認されたという。

 

当時の様子は他の衛星も観測していたが、今回国際宇宙ステーション(ISS)で鮮明な画像が撮影された。

 

雷公計島は長い間、休眠状態だったとされ、今回の噴火は1778年と1924年以来のことだとされている。

 

NASA
NASA

別の動画では灰が流れていく様子も

 

雷公計島の火口は直径700mとされ、今回そこから灰のプルーム(雲)と火山ガスが噴出したという。

 

別の動画では、それらが北太平洋に向かって流れていく様子も映っている。それがこちら。

 

 

下はウェザーニュースの動画。

 

 

この灰には鋭い岩の破片や火山ガラスなども含まれており、飛行機の運航に深刻な被害をもたらす可能性もあるそうだ。

 

このため東京や米アラスカ州のアンカレッジにある「航空路火山灰情報センター」は、プルームを追跡しており、灰の高度が13kmに達したことを含む、いくつかの警告を航空関係者に発していたという。

 

一方、観測衛星CALIPSOからのデータでは、すでにプルームが高度17kmに達したことも示されているそうだ。

 

今回の写真は非常に鮮明にとらえられているが、このような噴火で飛行機に事故が起きないことを願う。(了)

 

 

出典元:NASA:Raikoke Erupts(6/22)

Return Top