Switch news

知っておきたい世界のニュース

バイデン氏勝利を伝えるCNNの番組中に、コメンテーターが感極まり涙

バイデン氏勝利を伝えるCNNの番組中に、コメンテーターが感極まり涙
Twitter/CNN

アメリカの大統領選挙は、ジョー・バイデン前副大統領(77)が勝利を収めたが、そのことを報じた番組内でのある場面が注目を集めている。

 

勝利を伝える番組内で涙

 

CNNでは7日に、ジョー・バイデン氏の勝利を伝えたが、そのニュースの中でコメンテーターである黒人のVan Jonesさんは、番組中に感極まって涙を浮かべ、次のように語った。

 

「今朝から、親になりやすくなりました。父親であることがより容易になりました。子供たちに個性(性格)が大事であると伝えやすくなりました。それに真実が大切であること、良い人間であることが大切だということも。ジョー・バイデンが次の大統領になる、トランプではない。これにより、この政権下で苦しんできた多くの人々を擁護することになります。もしあなたがこの国に住むイスラム教徒なら、あなたたちをここに居させたくないと考えている大統領のことについて、心配しなくていい。もし移民だとしたら、子供たちを奪われ、引き離されることを心配しなくていいのです」

 

「息ができませんでした」

 

さらにJonesさんは、言葉を詰まらせながらも、次のように語った。

 

「ジョージ・フロイドが殺された時、私は息ができませんでした。過去4年間に渡って、私たちの多くは息ができないと感じていました。この大統領(トランプ氏)のツイートを見ながら毎朝起きることに、ずっと疲弊していました。お店に行っても、人々はだんだんと無礼になり、人種差別の姿勢を見せるのをだんだん怖がらなくなっていきました。そのことは人々をうんざりさせました。自分たちの姉妹がウォルマート(スーパー)へ行って、誰かに攻撃なことを言われないで車に戻れるか、と心配しながら過ごすのは、大丈夫なはずがない。私たちは人生の多くの時間を、結束するためにエネルギーを費やしてきました」

 

「バイデンの勝利は、私たちにとって大きな出来事です。今、私たちはいくらかの平和と、リセットする機会を手にしました。この国の性格が再び重要になります。(リーダーが)善人であることも、再び重要です。私は息子たちにこれを見て理解してもらいたい。安っぽく簡単な方法で物事を行うのは容易だ。しばらくの間、それで逃げることができる。しかし最終的にしっぺ返しが来るのです。それは国にとって良いことです。負けた方には、申し訳ありません。彼らにとって、今日はいい日ではないでしょう。しかし多くの人々にとって、今日は良い日なのです」

 

Jonesさんのコメントは日本人の多くにも響いており、ツイッターにも「彼の言葉には胸が引き裂かれる思いがした」や「アメリカは本当に苦しかったんだろうな」「(議論はあるが)今のアメリカを表したビデオだ」「リーダーって大事だと思った」といったコメントが寄せられている。

 

Jonesさんに関しては、トランプ政権にすり寄っていたとの批判も寄せられているが、バイデン支持者の意見を反映していると考え、今回紹介することにした。(了)

 

出典元:CNN:Van Jones: Now we can breathe(11/7)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top