Switch news

知っておきたい世界のニュース

NASAの「パーサヴィアランス」が火星のサンプルの採取に成功か

NASAの「パーサヴィアランス」が火星のサンプルの採取に成功か
NASA

NASAの火星探査ローバーが、今回岩石のサンプルを採取することに成功したようだ。

 

1カ月前には失敗していた

 

火星探査ローバーの「パーサヴィアランス」は先月、火星にある岩石のサンプルを採取しようとしたが、失敗していた。

 

しかし今回、再びサンプルの回収が試みられ、成功したと考えられている。(まだ正確には確認されていない)

 

「パーサヴィアランス」のチーフエンジニアであるAdam Steltzner氏は、それを「完璧なまでのサンプル」と呼び、「岩に開いた穴を見て、こんなに幸せなことはありません」とツイートした。

 

チューブの中にサンプルを確認か?

 

「パーサヴィアランス」は1カ月前、より柔らかい岩にドリルで穴を開け、サンプルを採取しようとしたが、結局崩れてしまい、チタン製のチューブには何も入っていなかったという。

 

このためもう一度採取を試みようと、0.5マイル(約800m)を移動し、理想的な場所で再挑戦したそうだ。

 

そして9月1日に撮影された写真には、チューブの中にサンプルがあることを示されたとか。しかしその後、写真に光が乏しいため、まだ決定的なものではないと判断された。

 

ただ、鉛筆の先ほどの大きさのサンプルは、その後一連の振動によって、チューブの奥深くに滑り落ちた可能性があるという。

 

生命の痕跡が残る岩を探す

 

「パーサヴィアランス」は今年の2月、今から数十億年前に湖や川の三角州があったとされる「ジェゼロ・クレーター」に着陸。

 

生命の痕跡が残っている可能性のある岩を探し続けてきたという。

 

NASAは現在、これらのサンプルを回収するため、別のロケットを打ち上げ、地球へ運ぶことを計画している。またエンジニアは、約10年後には3ダース(36個)ものサンプルを回収したいと考えているそうだ。(了)

 

出典元:ABC News:NASA Mars rover may have snagged 1st rock sample for return(9/3)

Return Top