Switch news

米スターバックスで警察官のカップに「PIG」のラベル、バリスタを解雇

米スターバックスで警察官のカップに「PIG」のラベル、バリスタを解雇

アメリカでスターバックスのバリスタが、警察官のカップに「PIG」と書いたとして、解雇(停職との報道も)された。

 

カップに「PIG」のラベル

 

その出来事が起きたのは「感謝祭」の日となる11月28日。その日、オクラホマ州にあるKiefer警察署のある警官が勤務中に、休日出勤をしている通信指令係のためにスターバックスのお店に立ち寄ったという。

 

そして注文していたコーヒーを受け取ったところ、カップに「PIG(ブタ・ポリ公)」と印刷されていることを他の客に指摘されて気づく。

 

その後、Kiefer警察署のJohnny O’Mara署長は、スターバックスの店に連絡。しかし満足な返事が得られなかったため、フェイスブックにカップの写真を投稿した。

 

バリスタを解雇したと発表

 

O’Mara署長の投稿は土曜日には削除されたが、そこには次のようなことが書かれていたという。

 

「ついでに言うと、私は店に電話したんだ。すると彼らは『喜んでコーヒーを正しいラベルに交換させてもらいます』と言ってきたんだ。ことわざ、私を一度だけだましたのなら、あなたの恥。私を二度もだましたのなら、私の恥」

 

しかし結局取り換えは、警官が再び来店しカップを持ってきたら対応するとの話だったという。

 

この出来事が知れ渡ると、スターバックスのスポークスマンは「非常に残念な出来事」「絶対に受け入れられないこと」だとし、警官に対して正式に謝罪。そのバリスタを解雇したと声明で発表し、次のように述べた。

 

「この言葉(PIG)は、全ての法執行機関の人々に対して非常に侮蔑的です。そしてそれは、コミュニティの安全を守り続けるために、疲れを知らずに働いている警察官に対して私たちが抱いている深い感謝を表した気持ちから、かけ離れたものです」

 

さらにスターバックスはこのようなことが起きないよう、Kiefer警察署と共に取り組む方法を議論するために、今後ミーティングに出席する予定だという。(了)

 

出典元:ABC News:Starbucks fires employee for writing ‘Pig’ on Oklahoma police officer’s drink order(11/30)

出典元:CNN:Starbucks has fired employee who gave Oklahoma officer order with ‘PIG’ printed on the label, company says(11/30)

Return Top