Switch news

知っておきたい世界のニュース

蚊は想像以上に賢い!殺虫剤を回避する方法を学習していた

蚊は想像以上に賢い!殺虫剤を回避する方法を学習していた
flickr_Letícia Smania Donanzan

イギリスの研究者たちが、蚊の行動について研究し、人間が考えている以上に賢い可能性が出てきた。

 

致死量に満たない殺虫剤に曝す

 

研究者らは、デング熱、ジカ熱、西ナイル熱などの病気を媒介する2種の蚊「ネッタイシマカ(Aedes aegypti)」と「ネッタイイエカ(Culex quinquefasciatus)」の行動を調査したという。

 

彼らはまず、複数のメスの蚊を、致死量に満たない殺虫剤に曝したそうだ。

 

そして殺虫剤の処理が施されたネット(網)に放ったところ、一度殺虫剤に曝された蚊のメスは、さらされていない蚊よりも高い確率で、ネットを避けてエサに到達することが明らかとなった。

 

さらに一度殺虫剤に曝された蚊の生存率は、一度も曝されていなかった蚊よりも、2倍以上高かったという。

 

このことから研究者は、一度曝された蚊が殺虫剤を避けることを学習したと考えている。

 

スポンサーリンク

「人間が知らなかっただけ」

 

そもそもここ数十年の間で、蚊の殺虫剤に対する耐性が増していたが、その理由は不明なままだったという。

 

イギリス・キール大学応用昆虫学・寄生虫学センター所長の行動生態学者・Frederic Tripet氏は、ABC Newsに対し「蚊は学習してきたのです。我々が、それについて知らなかっただけなのです」と語っている。

 

2012年、Tripet氏らは別の研究で、蚊が視覚的手がかり、または匂いを、肯定的または否定的な経験と関連付けることができ、学習することができることを示したという。

 

その上で、今回の研究も含めたこの学習能力により、殺虫剤で蚊を駆除することの難しさが示されたと、Tripet氏は述べている。

 

Tripet氏によれば、蚊の個体数をよりよくコントロールするためには、新たな解決策が必要になる可能性があるという。

 

その1つは、遅延反応を起こす化合物を開発すること、また魅力的な匂いを加えることによって、蚊の学習能力を失わせることもできる、とTripet氏は述べている。(了)

 

出典元:ABC News:Mosquitoes are so smart they’re learning how to avoid pesticides used to kill them, study says(2/18)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top