Switch news

知っておきたい世界のニュース

スペインの海底に眠る十字架の墓、一体誰のものなのか?

スペインの海底に眠る十字架の墓、一体誰のものなのか?
YouTube/Caters Clips

スペインの海底にある多くの墓の神秘的な映像が撮影され、ネットに投稿されている。

 

40基も並んでいるお墓

 

そのお墓があるのは、スペインのラ・パルマ島南部にある街、Fuencalienteの沖合だという。

 

その海底にはなんと40基の十字架のお墓が設置されているのだが、先日フリーダイビングの「Freediving La Palma」のメンバーがその様子を撮影。

 

映像をネット上に投稿したところ、動画ニュースサイト「Caters Clips」でも取り上げられることに。

 

このお墓の持ち主とは?

 

実はこのお墓は、今から400年以上も前にここで亡くなった修道士のたちのものだという。

 

1570年、彼らが乗っていた船がフランスの海賊に乗っ取られ、その際修道士たちは海に投げ込まれ、命を落としたそうだ。

 

そして今から20年前、死んだ修道士たちを供養するため、この海底に十字架の墓が設置された。

 

しかしこのエリアを潜る多くの観光客は、いまだに海底に眠るお墓のことはあまり知らないという。(了)

 

 

出典元:Caters Clips:Divers Explore Eerie Underwater Cemetery(10/29)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top