ドバイで世界初となる「ラクダ専門病院」がオープン


ドバイで世界初となるラクダ専門の病院、「ドバイ・ラクダ病院」がオープンし話題を集めている。

 

病院建設費用は12億円以上

 

ドバイ・ラクダ病院の院長Mohamed Al Bulooshi氏によると、このような病院は世界で初めてだという。

 

病院建設にかかった費用は4000万ディルハム、日本円にして12億2600万以上とのことだ。

 

The National

 

院内の医療装置としては、馬用のものが採用されているという。

 

Bulooshi氏は「ラクダは餌をやって育てるだけではなく、医療措置によってもケアされなければならないということに気付いた」と話す。

 

病院内にはレース用のトラックまで

 

国籍多様なベテラン医師が揃う同病院では最大20頭のラクダを収容することが可能だという。さらに病院内には医療措置を受けた後もラクダが走ることを想定し、小さなレース用のトラックまで備えられているという。

 

 

手術代は日本円にして一回11万円ほどから。またX線や超音波といった検査は約1万2000円からとなっており、決して高額ではない。

 

病院でマーケティングと財政における責任者を務めるAhsan Ul Haq氏によると、“砂漠の奇妙な生物の秘密を明らかにする”べく、病院側はラクダの研究や薬の開発も行っていくという。

 

現在でも中東地域で重要な役割を担うラクダ

ラクダは現在でも中東の湾岸地域においては重要な役割を担っている。

 

同地域においてはラクダの競争や行進は娯楽として人気が高く、またラクダの中にはオークションで数百万ドルもの高値が付くものもあるという。

 

そのようなラクダの地位を保守するということは、ドバイ・ラクダ病院が今回新たに開業した理由の一つでもある。(了)

 

出典元:Reuters:Treating bumps and humps: Dubai opens $10 million camel hospital(12/14)

出典元:IFP News:World’s First Camel Hospital Opens in Dubai(12/17)