Switch news

World News Odyssey

Pickup

レディー・ガガ 激痛で緊急入院、フェスでの演奏中止を謝罪しファンへメッセージ

レディー・ガガ 激痛で緊急入院、フェスでの演奏中止を謝罪しファンへメッセージ
Instagram/ladygaga

歌手のレディー・ガガさん(31)が激痛により緊急入院し、予定されていた音楽祭でのパフォーマンスの中止が発表された。

 

インスタにメッセージ、ファンに理解を求める

 

先日、自身の病名を公表したガガさんは9月14日、激しい痛みに襲われ、治療のため入院したことを明らかにした。

 

また9月15日にブラジルで行われる予定だった「2017ロック・イン・リオ音楽祭」での演奏を中止すると発表。SNSを通じてファンへ理解を求めた。

 

彼女はインスタグラムにおいて次のように語っている。

 

「ブラジルの皆さん、私はロック・イン・リオに行けないほど体調を崩してしまったことで、打ちのめされています。私は皆さんのために、どんなことでもするつもりでした。しかし今は、自分の体をいたわらなければなりません。皆さんの寛大さと、理解を求めます。そして私は約束します。すぐにカムバックし、皆さんのためにパフォーマンスを行うことを。本当にごめんなさい。皆さんをとても愛しています」

 

しかもそのインスタグラムの投稿には、点滴の針が刺された、痛々しい彼女の腕が写っていた。

ツイッターでも状況を説明

 

彼女はツイッターでも状況を説明。次のようにコメントしている。

 

「私は病院に連れてこられました。これは単なる腰の痛みでも、ツアーでの疲れからくるものでもありません。私は激痛の中にいます。でも今は、最高のお医者さんに診てもらっています」

ガガさんは9月8日に、カナダのトロント映画祭の記者会見で、一時音楽活動を休止すると宣言。

 

その4日後の12日には、自らが「線維筋痛症(全身の骨格筋に激しい痛みやこわばりが生じるリウマチ性疾患)」という病気にかかり、長い間治療を受けてきたことを告白した。

 

そしてツイッターでも次のように述べている。

 

「私はこの病気について人々に知ってもらいたい。そして同じ病気の人達とつながりたい。そう願っています」

つらい痛みの中でもファンにメッセージを送ったガガさん。難病を克服するのは容易ではないかもしれないが、一日も早く痛みから解放されることを願う。(了)

 

 

出典元:METRO:Lady Gaga hospitalised and asks fans for understanding: ‘I have to take care of my body right now’(9/14)

Return Top