Switch news

指輪にキスされるのは嫌?ローマ法王が何度も手を引っ込める姿がユニーク

指輪にキスされるのは嫌?ローマ法王が何度も手を引っ込める姿がユニーク
Twitter/Catholic Sat

ローマ法王が皆から挨拶をされる際、指輪にキスをさせないよう、何度も手を引っ込める場面が撮影された。

 

キスをしようとする人を拒絶?

 

その動画が撮られたのは3月25日、ローマ法王フランシスコがイタリアの街、Loretoを訪れた時だったという。

 

ローマ法王に挨拶をする際は通常、人々はお辞儀をし、指輪にキスをするらしいのだが、動画ではそれができない多くの人が映っていた。

 

しかもその時、ローマ法王は信者が指輪にキスをしようとすると、わざと手を引っ込めて、決してキスをさせまいとしているように見える。

 

113人が列をなして待っていた

 

もっともこの映像は13分間に及んだ挨拶の1部分を切り取ったもので、10分経った後の場面だったという。

 

そしてツイッターの映像には写っていないが、最初の方では法王も、挨拶しにくる人が指輪にキスをするのを許していたそうだ。

 

しかしその場には、113人の修道僧や修道女、教区民もおり、かなり長い列を作っていたとか。

 

そのため10分を過ぎたあたりから法王は自ら手を引っ込めて、キスをさせないようにし、その結果挨拶のスピードが上がっていったという。

 

ただしこのおかげで、不幸にも自分の手にキスしてしまった男性もいたそうだ。

 

この指輪は法王の権威を示すもっとも強力なシンボルで、いつも右手の中指(3番目の指)にはめられているとか。

 

そして法王が亡くなった後は、統治の終焉を示すため、ただちに破壊されるという。

 

今回のことは物議を醸しているようだが、それについてはREUTERSが詳しく伝えている。

(了)

 

 

出典元:BBC:Pope’s ring-kissing controversy not what it seems(3/26)

出典元:METRO:The Pope really doesn’t want his ring kissed(3/26)

Return Top