Switch news

建物が燃えているそばで無邪気にブランコに乗る少年、その動画が注目を集める

建物が燃えているそばで無邪気にブランコに乗る少年、その動画が注目を集める
YouTube/Kanehiko

すぐ近くで火事が起きているのに、楽しそうにブランコで遊ぶ子供…。その動画が注目を集めている。

 

背後の建物が激しく燃えていた

 

この動画が撮影されたのは、ロシア中央部にある街、Noyabrskだ。

 

動画には背後にある建物が、激しい炎に包まれている様子が映っていた。またその様子を、心配そうに数人が見守っている姿も映っている。

 

しかしその手前にあるブランコでは、1人の男の子が楽しそうにこいでいた。

 

子供は火事に怯えることもなく、ショックを受ける様子すら見せず、延々と無邪気にブランコに乗り続けていた。

 

非難する声や、擁護する意見も

 

MailOnlineによれば、この動画を見たあるユーザーは「超落ち着いているというのでさえない。これは恐ろしいし、無感覚(感受性に乏しい)だ」とコメントしたという。

 

しかし子供を擁護する意見もある。

 

地元のTatyana Aryeさんは、「だから何?私も今日この火事を見たわ。その後、さっさと自分の用事を済ますために、その場を去ったわ。子供たちは火事を見て、動揺していたわ。それで彼は何をすればよかったの?」と主張。

 

Anna Akishinaさんも「(1つしかないブランコの順番待ちをしていたと思われる)男の子はその機会をとらえたのよ。皆が火事を見ていたから、存分にブランコをこぐことができたのよ」と擁護している。

 

またツイッターでも、男の子の物事に動じない姿勢から「将来は、良いテストパイロットになるかもしれない」との意見が寄せられたという。

 

火事はその後、他の建物にも燃え移ろうとしていたようだが、幸いにも消防隊員によって延焼は食い止められたそうだ。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Bizarre moment a boy calmly plays on a swing while the neighbouring house goes up in flames behind him(5/29)

Return Top