映画『スター・ウォーズ』の新たな3部作の製作が決定、これまでとは異なる物語へ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

映画『スター・ウォーズ』で新たな3部作が作られることが発表され、注目されている。

 

すでに脚本の執筆も開始している

 

ルーカスフィルムは11月9日、サイトにおいて「エピソード7、8、9」に続く、新たな3部作を制作することを発表した。

 

その第1作目の監督は12月15日公開予定の『スター・ウォーズ・最後のジェダイ』で脚本と監督を務めたRian Johnson氏。

 

彼はすでに1作目の脚本を書き始めており、長年一緒に取り組んできたプロデューサーのRam Bergman氏とともに作業を進めていくという。

これまでとは異なる新しいストーリー

 

新たな3部作は、これまでのスカイウォーカー家を中心とした物語から離れ、今まで見ることもなかった新しいキャラクターも登場させる予定だとか。

 

ルーカスフィルムのKathleen Kennedy社長は、サイトにおいて次のように述べている。

 

「私たちは皆、『最後のジェダイ』でRianと一緒に仕事をすることが大好きでした。彼には創造的な力があります。最初から最後まで彼が『最後のジェダイ』を作っている姿を見ることは、私のキャリアの中でも最も大きな喜びの1つでした。Rianは新しい3部作の真っさらなキャンバスに、驚くべきものを描いてくれるでしょう」

またRian Johnson監督とRam Bergman氏も共同声明で、次のように述べている。

 

「スター・ウォーズは最も偉大な現代の神話です。私たちはそれに貢献できて非常に幸運だと感じています。私たちはこの映画の新しいシリーズを続けることが待ちきれません」

 

まだ3部作の公開日時などは明らかにされていない。しかしRian監督が引き続き起用されたということは、今度の『最後のジェダイ』もきっと素晴らしい作品に仕上がっているに違いない。(了)

 

 

出典元:StarWars:RIAN JOHNSON, WRITER-DIRECTOR OF STAR WARS: THE LAST JEDI, TO CREATE ALL-NEW STAR WARS TRILOGY(11/9)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •