Switch news

コカ・コーラがお酒に混ぜる新しいドリンクを開発、6月から英国で販売へ

コカ・コーラがお酒に混ぜる新しいドリンクを開発、6月から英国で販売へ
Coca-Cola

コカ・コーラがイギリスで、お酒に混ぜて飲む、新しい高級なドリンクを発売することとなった。

 

4つの風味を用意

 

この飲み物は「Signature Mixers」と呼ばれ、スコッチ・ウイスキーやラム、バーボンなどに混ぜて飲むものだという。

 

「Signature Mixers」には、「スモーキー」や「スパイシー」「ハーブ」「ウッディ(木の香り)」など4つのフレーバーが用意されている。

 

そしてイギリスでは、この飲み物が今年の6月から販売されるそうだ。

 

初めて外部のバーテンダーを招き開発

 

この開発にあたり、コカ・コーラではさまざまな風味の組み合わせを実験するため、カクテルを作るのが上手なバーテンダーを招待したという。

 

開発プロセスにおいて、外部の人間を招いたのは、コカ・コーラでは初めてのこととされている。

 

そして200以上の素材の実験を終えた後、コカ・コーラでは顧客も招待。その意見を聞き、最終的に4つのフレーバーを決めたそうだ。

 

最終的に作られた製品には、ローズマリーやジャスミン、アンブレットの種、レモングラスなどの素材も含まれ、より香りを楽しむことができるとか。

 

コカ・コーラのAna Amura氏は、次のように語っている。

 

「混ぜるドリンクの人気が高まる中で、私たちはSignature Mixersを発表することができ興奮しています。これは、ダークスピリッツ(琥珀色、または深い茶色のリキュール)と混ぜるために、一定の範囲内で独自に作られたものです。驚くべき風味の組み合わせを作るため、世界的なバーテンダーのグループとともに作業をしました。カクテルの世界がより多くのお客様に開かれることを願っています」

 

通常のコーラをウイスキーなどに混ぜて飲む方法は以前からあったが、今回のドリンクはさらに洗練された風味が味わえるのかもしれない。(了)

 

 

出典元:INDEPENDENT:COCA-COLA IS LAUNCHING A VERSION FOR MIXING WITH LIQUOR(5/2)

出典元:Coca-Cola:Introducing Coca-Cola Signature Mixers: Our new range expertly crafted to be enjoyed with dark spirits(5/2)

Return Top