Switch news

知っておきたい世界のニュース

MacBookにカメラカバーをつけないよう、Appleが注意を促す

MacBookにカメラカバーをつけないよう、Appleが注意を促す
写真AC

最近はほとんどのノートパソコンにカメラが内蔵されている。このカメラをハッキングされて、悪意のある第三者にプライベートを覗き見されるのではないか、と心配するパソコンユーザーもいるだろう。

 

そんな人のために、カメラレンズの前に取り付けて目隠ししてしまうパソコン用のアクセサリー、「カメラカバー」が売られている。現在多いのはプラスチック製か金属製で、指先で小窓をスライドさせて開閉できるタイプだ。

 

ところが、このカメラカバーを付けないように、とAppleがMacBookのユーザーに警告している。

 

MacBookの設計上、カメラカバーが問題を起こす

 

Appleによると、MacBook、MacBook Air、MacBook Proにカメラカバーを付けると、2つの問題が起こる可能性があるそうだ。最近更新されたユーザー向けのヘルプページに、こう書かれている。

 

Mac ノートブックのディスプレイとキーボードの間には設計上ごくわずかな隙間しかないため、カメラカバーを取り付けた状態でディスプレイを閉じると、ディスプレイが傷つくおそれがあります。また、内蔵カメラを覆ってしまうと環境光センサーにも干渉し、輝度の自動調節や True Tone といった機能の妨げにもなる可能性があります。

 

正確に言うと、カメラカバーを付けるなというのではなく、付けたまま閉じるとディスプレイが傷つくのでダメということらしい。(単純に考えると、閉じたときに傷つくのはディスプレイとは反対側のタッチパッドのあたりだと思うが、なぜディスプレイの方が傷つくのかについて説明はない)

 

緑色のランプを信じる

 

カメラカバーを付けられないとすると、プライバシーに敏感なユーザーはどうすればいいのか?

 

カメラが作動しているときは、レンズの近くに緑のカメラインジケーターランプが点く。もしハッキングされて「カメラが使われていれば、わからないはずはありません」と、ヘルプページに書かれている。つまり、緑のランプに注意していれば、カメラカバーは不要ということになる。

 

ちなみに「Appleの製品は設計段階からプライバシー対策が万全」だそう。しかも「セキュリティ機能も万全で、第三者が個人情報にアクセスすることのないよう、しっかりと守ってくれ」るとのこと。この言葉を信じるしかないようだ。(了)

 

出典元:Apple サポートページ:MacBook、MacBook Air、MacBook Pro のカメラにカバーを着けたままディスプレイを閉じないでください

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top