Switch news

知っておきたい世界のニュース

アニマルセンターでオスの雁を手術中、メスが窓に現れ、見守り続ける

アニマルセンターでオスの雁を手術中、メスが窓に現れ、見守り続ける
Facebook/Cape Wildlife Center

アメリカで雁の手術をしていた所、そのパートナーが突然現れ、見守る様子が目撃された。

 

足の2箇所を骨折した雁

 

マサチューセッツ州のケープコッドにある「New England野生動物センター」のスタッフによれば、7月13日、「アーノルド」と呼ばれるオスの雁が、足を引きずって倒れているのを発見したという。

 

「アーノルド」はセンターの近くの池で、メスのパートナーとすでに数年間も一緒に暮らしてきたそうだ。

 

その後、「アーノルド」を調べた結果、足の2カ所が骨折しているのを発見。このため14日には、センターで手術を行ったという。

 

Facebook/Cape Wildlife Center
Facebook/Cape Wildlife Center

手術の間中、ずっとオスを見守る

 

手術を進めていたところ、やがてスタッフは窓を叩く音を聞く。そして振り返ってみると、ポーチの所で「アーノルド」のメスのパートナーが窓をつついて、部屋に入ろうとしていたそうだ。

 

パートナーは部屋に入れないことに興奮しながらも、「アーノルド」の手術を行っている間中、ずっとその場に留まり、見守り続けたという。

 

Facebook/Cape Wildlife Center

 

結局、手術は成功し、スタッフは麻酔から覚めた「アーノルド」を、回復するまで、戸口付近に置いておくことにしたとか。

 

そのおかげでパートナーも「アーノルド」に会うことができるようになったという。「New England野生動物センター」のスタッフは次のように語っている。

 

「私たちはドアを開けて、戸口でアーノルドに酸素を与えました。彼のパートナーはすぐに落ち着き、ドア越しにグルーミングを始めたのです」

 

Facebook/Cape Wildlife Center

 

もっとも「アーノルド」は手術で足の指一本を切断せざるを得ず、野生に戻るにはまだ治療が必要なため、スタッフは今後もドアの近くで治療を続けていくつもりだという。(了)

 

当サイトでは過去にも、雁の絆を示した記事を投稿している。そちらも是非、ご覧いただきたい。

 

夫を失ったメスの雁、亡くなった場所で帰らぬオスを3カ月も待ち続ける姿が切ない

 

出典元:CBS Boston:Goose Undergoing Surgery Gets Surprise Visit From His Mate Outside Cape Wildlife Center(7/15)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top