Switch news

知っておきたい世界のニュース

UAEの探査機が火星の姿をとらえ、初めて地球へ画像を送信

UAEの探査機が火星の姿をとらえ、初めて地球へ画像を送信
Twitter/محمد بن زايد

アラブ首相国連邦の探査機が、火星を回る軌道上に到達し、今回初めて画像を地球へ送信した。

 

火星の画像を初めて送信

 

アラブ首長国連邦宇宙機関は2月14日、探査機「ホープ」から送られてきた火星の画像を公開した。

 

ツイッターにおいて、アブダビの皇太子であるムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン氏は次のように述べている。

 

「探査機ホープからの最初の火星の画像送信は、私たちの歴史における決定的瞬間であり、UAEが宇宙探査を行う先進国に加わったことを記念するものである。私たちは、このミッションで人類にメリットをもたらす、火星の新しい発見が見つかることを願っています」

 

今後は火星の大気をなどを調査

 

アラブ首長国連邦の火星探査機「ホープ」は2月9日に火星の周回軌道上に到達。もちろん、このことは他のアラブの諸国の間でも、初めての偉業となる。

 

ただし専門家によれば、火星の軌道に到達できる可能性は50%しかなかったという。

 

実は「ホープ」は昨年7月、日本のH2Aロケット42号機に搭載されて、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、7カ月かけて火星に到達。

 

今後は火星の時間で、丸1年(地球時間で2年)周回軌道を移動し、大気の状況などを研究するという。今回の写真は、火星の上空2万5000kmから撮影されたものとなる。

 

中国やNASAの探査ローバーも着陸予定

 

実は今月、火星に到達したのは、「ホープ」だけではない。

 

2月10日には中国の探査機「天問1号」も火星の周回軌道に到達し、最初の画像を地球へ送信した。今後は火星への軟着陸と、表面の探査を目指している。

 

またアメリカ・NASAの新型火星探査ローバー「パーサヴィアランス」も、2月18日には火星の表面に着陸する予定だという。(了)

 

 

出典元:Business Insider:The United Arab Emirates has released its first Mars photo, taken by the Hope Probe. It comes as NASA’s rover approaches its descent on the red planet.(2/14)

出典元:CNN:UAE’s Hope Probe Mars mission sends back its first picture of red planet(2/14)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top