Switch news

知っておきたい世界のニュース

ベルギーの高齢女性、同時に2つの変異株に感染し、死亡

ベルギーの高齢女性、同時に2つの変異株に感染し、死亡
flickr_NIAID

ベルギーで90歳になる女性が、新型コロナウイルスの2つの変異株に同時に感染し、その後亡くなった。

 

「アルファ株」と「ベータ株」に同時感染

 

その女性はワクチン接種を受けておらず、今年の3月1日にベルギーのAalst市内にある病院に入院したという。

 

そして同じ日に、新型コロナに感染していることが判明した。

 

当初は呼吸器の悪化などの症状は見られなかったものの、その後急速に悪化し、入院してから5日後に死亡が確認されたそうだ。

 

女性の呼吸器から採取されたサンプルから、ゲノム解析がすすめられたが、その際女性が、イギリス由来の「アルファ株」と南アフリカ由来の「ベータ株」に同時に感染していたことが明らかとなる。

 

医師らは、稀ではあるが同様の二重感染が、他でも起きていると考えているという。

 

2人の人間から感染した可能性

 

この研究論文の作成を支援した分子生物学者のAnne Vankeerberghen医師は、取材に対し、次のように述べている。

 

「これは2つの懸念すべき変異株に同時に感染したことが、最初に記録された症例の1つになります。両方の変異株は当時、ベルギーで蔓延しており、女性は2人の人間から異なった変異株を感染させられた可能性があります。しかし残念なことに、私たちには、女性がどのように感染したのかは分かっていません。ただ彼女は一人暮らしの女性でしたが、多くのヘルパーさんが来て世話をしていました」

 

またVankeerberghen医師によれば、女性が入院してから急速に症状が悪化したことに関して、2重感染がどの程度の役割を果たしたのかを語ることは難しいという。

 

ブラジルやポルトガルでも同様の例

 

実は2021年1月にも、ブラジルの研究者により、2人の患者が同時に2つの変異株(そのうちの1つはガンマ株)に感染したことを報告しているが、まだ科学誌などに論文は提出されていない。

 

一方、ポルトガルの研究者たちが最近、既存の新型コロナからの回復途上で、2番目のタイプのCovidに感染したと思われる17歳の人を治療したとも言われている。

 

このような感染が、ワクチン接種の効果を何らかの形で損なったり、Covid-19の症状を悪化させたりするかどうかについては、さらなる研究が必要だという。(了)

 

 

出典元:INDEPENDENT:Woman infected with two different Covid variants at the same time, researchers find(7/10)

出典元:BBC:Covid: Woman aged 90 died with double variant infection(7/10)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top