Switch news

知っておきたい世界のニュース

ガラパゴスに生息するピンク色のイグアナ、調査が行われ53匹を特定【動画】

ガラパゴスに生息するピンク色のイグアナ、調査が行われ53匹を特定【動画】
Galapagos Conservancy

エクアドルにあるガラパゴス諸島で、大規模な調査が行われ、ピンク色のイグアナの実態が確認された。

 

カメラを設置し、53匹を特定

 

今回の調査を行ったのは、「ガラパゴス・コンサーバンシー」の研究者たちだ。

 

彼らは8月の初旬から中旬にかけて、ガラパゴス諸島のイザベラ島にある、ウルフ火山でピンクリクイグアナの実態を調べたという。

 

調査にあたり、約30人の研究者やレンジャーなどが、約1000エーカーの広大な敷地に、カメラ・トラップを設置した。

 

その結果、ピンクリクイグアナを53匹特定。全てが大人のイグアナで、若い個体はいなかったそうだ。

 

Galapagos Conservancy
Galapagos Conservancy

巣は海抜1700mの地点にあった

 

このピンク色のイグアナは1986年に国立公園のレンジャーによって発見されており、2009年には通常のリクイグアナや、イエローリクイグアナとは異なる種であると公式に認められた。

 

しかし2014年以来、ピンクリクイグアナの幼体は見つかっていない。

 

これらのイグアナの巣は、海抜5600フィート(約1700m)の場所にあり、昼間の気温は37.8℃、地面では71℃にまで上昇するそうだ。

 

一方、夜は涼しくなり、気温10℃にまで低下。強い風が吹き続け、凍えるような寒さなるとか。

 

今回の調査では、イグアナの体についた寄生虫を食べる鳥(ダーウィンフィンチ)との共生関係や、鬱蒼とした場所で木の枝に乗り、日光を求める珍しい光景など、これまでに見たことのない行動を記録できたという。

 

211匹生存している可能性

 

ピンクリクイグアナは絶滅危惧種とされ、イザベラ島のウルフ火山付近にしか生息しておらず、今回の調査はこの種を危機から救うために行われた。

 

「ガラパゴス・コンサーバンシー」の研究者たちは、調査においてマーク・アンド・リカプチャー法という分析方法を使用。その結果、イザベラ島には211匹のピンクリクイグアナが残っているのではないかと考えている。(了)

 

 

出典元:Good News Network:First Galápagos Study of Pink Iguanas Reveal New Details – And Rangers Believe They Can Be Saved(9/2)

Return Top