Switch news

知っておきたい世界のニュース

カナダのビール会社、商品名がマオリ語では「陰毛」にあたるとして名称変更へ

カナダのビール会社、商品名がマオリ語では「陰毛」にあたるとして名称変更へ
Instagram/hellsbasement

カナダのビール会社が、商品名に不適切な意味の言葉をつけていたとして謝罪した。

 

マオリ語では「陰毛」を指す

 

その会社とは、アルバータ州を拠点にしている「Hell’s Basement Brewery」だ。

 

彼らは2年前、「Huruhuru・ペールエール」という、マオリ語を使った名前のビールを販売した。

 

当初、会社側はこの「Huruhuru」という名前が「翼」を意味するものだと考えていたが、先日マオリ族のテレビ番組の司会者、Te Hamua Nikora氏から「Huruhuru」とはマオリ語で「陰毛」の意味だと指摘を受けたという。

 

このため「Hell’s Basement Brewery」側は、「Huruhuru」という言葉の一般的な意味が「陰毛」だとは考えていなかったと説明し、謝罪。マオリの文化を侵害したり、人々に不快な思いをさせたりする意図はなかったとし、商品名を変更すると明らかにした。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hell’s Basement Brewery(@hellsbasement)がシェアした投稿

NZの毛皮店も同じ名前を使用

 

またNikora氏は、ニュージーランドにある毛皮店でも「Huruhuru」という言葉を店名に使っていると指摘。

 

その後、彼はビール会社と毛皮店にコンタクトをとり、そのことを伝えたという。その上でNikora氏は、マオリ族とは関係のない商品名などには、「自分たちの言葉を使うよう」促している。

 

また毛皮店側も、「Huruhuru」という言葉を「ウール」や「翼」「毛皮」という意味で解釈していたと語っている。

 

そしてこの名前を使う際に、知的財産庁マオリ諮問委員会の承認を得ていたが、今回新しいブランド名(店名)に変更するには資金が足りないという。(了)

 

出典元:BBC:Canada brewery apologises for beer named ‘pubic hair’ in Maori(8/8)

出典元:The Guardian:Beer brand and leather store unwittingly named after Māori word for ‘pubic hair’(8/7)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top