車が突っ込み8人死亡、NYで発生したテロ直後の犯人の動画が公開される

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

日本時間11月1日未明、アメリカのニューヨークでテロ事件が発生し、その直後の映像が公開された。

 

テロ事件として捜査が進められる

 

ABC Newsによれば、犯人の男はニューヨーク市のマンハッタンで、ピックアップ・トラックに乗り込み、自転車専用レーンにいた人々の列に突っ込んだという。

 

下の動画には倒れている人が映っているため、閲覧にはご注意いただきたい。

この犯行により11人がケガを負い、8人が死亡。警察はテロ事件として調べを進めているそうだ。

 

犯人の男は29歳のSayfullo Saipov容疑者とされ、車で人々をはねた際、「アラー、アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたとか。

犯行直後の動画が公開される

 

その後、犯人は交差点でスクールバスに衝突。車から降りて、ウェスト通りの中央を歩きながら、ハドソン川近くにあるマンハッタンのウェストサイド沿いを走っていったとされている。その時の様子が下の動画となる。

映像では犯人の男が銃のようなものを振り回す姿が映っているが、警察によれば現場には「paintball gun」や「pellet gun」といった空気銃が落ちていたという。

警察は犯人に発砲した後、取り押さえ、現在拘束しているそうだ。

 

この犯行現場は、2001年の同時多発テロで崩壊した「世界貿易センタービル」の跡地にある「9・11追悼記念館」の近くとされている。(了)

 

出典元:ABC News:Video appears to show terror suspect walking around after hitting people on New York City bike path(10/31)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •