七色に輝く「レインボー・スネーク」、東南アジア原産のヘビが美しい


虹色に輝く珍しいヘビの写真がネット上に投稿され、ウロコが輝く様子が美しいとして注目されている。

 

7万2000回以上もリツイートされる

 

その投稿を行ったのは、ツイッター・ユーザーのmaura(@painthands)さん。

 

mauraさんは「サンビームヘビ(sunbeam snake:Xenopeltis unicolor)」と呼ばれるヘビの一連の写真をツイッターに投稿。するとこれを見た人々が注目し、話題になったという。

 

 

実際にこの投稿は、7万2000回以上もリツイートされ、23万9000以上の「いいね」が贈られているそうだ。

 

「このヘビはこれまで見たものよりも、ずっと美しい」

 

「これは最も美しいヘビね、それでも私は逃げ出すかも」

 

LGBTの人々もお気に入り

 

「サンビームヘビ」は東南アジア、インドシナ半島に分布し、毒は持っていないという。全長約1mで尾がきわめて短く、太陽の光を反射させるとウロコが七色に輝くそうだ。

 

またこのヘビについては虹色に輝くことからLGBTの人々も気に入っており、「LGBTプライド月間」にとってはピッタリな動物だとみなす人もいるとか。

 

しかしmauraさんによれば、この「サンビームヘビ」は飼育するのが難しいという。そのため購入する際は、しっかりリサーチするのがオススメだとしている。

 

七色に輝くとは、これまでの恐ろしいイメージを変えてしまう、珍しい種類のヘビと言えるかもしれない。(了)

 

出典元:INDEPENDENT:This beautiful rainbow snake is ideal for Pride Month(6/4)