Switch news

「こんなものは邪魔!」豪でオウムが鳥よけスパイクを次々と外してしまう【動画】

「こんなものは邪魔!」豪でオウムが鳥よけスパイクを次々と外してしまう【動画】
Facebook/Isaac Sherring-Tito

オーストラリアでオウムが鳥よけ用のスパイク(クギ)をはがしている様子が撮影され、注目を集めている。

 

くちばしでスパイクをくわえ外す

 

その動画が撮影されたのはシドニーの西、Blue MountainsのKatoomba通りにある、「Town Centre Arcade」の建物とされている。

 

その建物の壁には、鳥よけ用のスパイクが設置されていたが、Isaac Sherring-Titoさんが通りかかったところ、キバタン(オウム科)がクチバシでスパイクをくわえ、除去していたという。

 

Isaacさんはその様子をすぐに撮影。7月1日にフェイスブックへ投稿すると、このオウムが賢いとして注目を集めたそうだ。

 

Fuck the policeFor licensing and usage, Contact Licensing@viralhog.com

Isaac Sherring-Titoさんの投稿 2019年7月1日月曜日

外すのはキバタンだけではない?

 

動画の最後の方を見ると分かるが、このキバタンは驚くほど多くのスパイクをはがしては、次々と地面に落としている。

 

このため投稿された動画は現在までに228万回も再生され、4万1000人にシェアされた。

 

「Australian Birdlife magazine」の編集者であるSean Dooley氏は「このオウムはどうやら遊んでいるように見える」とし、動画がキバタンの知能の高さを明らかに示していると述べている。

 

ただし鳥よけ用のスパイクを外すのはキバタンだけではない。コレーラ(コレリィア)という鳥もスパイクを引き剥がしてしまうため、地元の教会や建物の所有者も苦慮しているという。(了)

 

 

出典元:The Guardian:Chick flick: cockatoo gives anti-nesting spikes the bird in viral video(7/5)

Return Top