Switch news

知っておきたい世界のニュース

ロシア軍の行為は「ジェノサイド」か?各首脳で表現が分かれる

ロシア軍の行為は「ジェノサイド」か?各首脳で表現が分かれる
Twitter/Emmanuel Macron

先日、アメリカのバイデン大統領は、ウクライナでのロシア軍の行為を「ジェノサイド」と呼び、これまでにない言葉で強く非難した。

 

しかし西側諸国の首脳の間では、この表現を使うどうか、で意見が分かれている。

 

カナダの首相も「ジェノサイド」だと主張

 

アメリカのバイデン大統領は12日、アイオワ州での演説で、初めてロシア軍の行為を「ジェノサイド」と呼び、非難した。「ジェノサイド」とは、特定の国民や民族などを計画的に抹殺・虐殺することを指す。

 

カナダのジャスティン・トルドー首相も、バイデン大統領が「ジェノサイド」という言葉を使ったことは正しいと主張。さらにロシア軍やプーチン大統領が行っていることについて、より多くの人が「ジェノサイド」という言葉を使うようになっている、と述べた。

 

その上で「われわれは、ロシア軍が市民を攻撃することや、戦争の武器として性暴力を行っているおぞましい姿を見てきた。これは絶対に受け入れることはできない」と語ったという。

 

スポンサーリンク

フランスやドイツの首脳は使わず

 

一方でフランスのマクロン大統領は、まだ「ジェノサイド」という言葉を使っていない。

 

マクロン大統領は、世界のリーダーが「言葉のエスカレーション」を避けるよう、注意深くなるべきだと釘を刺し、次のように述べた。

 

「ロシアは一方的に、最も残酷な戦争を解き放ったと言えるかもしれない。今や、ロシア軍によって戦争犯罪が行われていることは、確実なものとなっている。ロシア軍の責任の所在を見つけ、正義の場に立たせることが必要だ。しかし同時に、私は事実を見ている。私はこの戦争を終わらせ、平和を再構築できるようにするために、できる限り、続けたいと考えています。私には、言葉のエスカレーションが、そのことに資するとは思えません」

 

 

ドイツのショルツ首相も、ラジオのインタビューで、「(ロシアによって)戦争犯罪が行われている」と発言。しかし「ジェノサイド」という言葉は使わず、次のように述べたという。

 

「これは東ヨーロッパにおける酷い戦争だ。私は(この戦争を)矮小化すべきものではないと考えています。戦争犯罪が行われているのです」(了)

 

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine war latest: Zelenskiy pleads for weapons to avoid ‘bloodbath’; Trudeau echoes Biden on use of word ‘genocide’(4/13)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top