Switch news

知っておきたい世界のニュース

映画の小道具だった「干し首」が、本物の人の頭と判明

映画の小道具だった「干し首」が、本物の人の頭と判明
YouTube/Wise Blood 1979 Trailer

かつて首狩りを実践していた南米の部族が、人間の頭を加工して作った「干し首」。その1つがアメリカの大学に所蔵されていたが、これまで本物であるという確証はなかった。

 

ところが最近、科学的な鑑定によって、人の頭を使った本物であると判明。実はこの干し首、過去に『Wise Blood』という映画の小道具として使われ、いくつものシーンに登場しているという。(下の写真はショッキングため、閲覧にはご注意いただきたい)

 

1942年にエクアドルで入手したもの

 

アメリカ・ジョージア州マーサー大学が所蔵するその「干し首」は、1976年まで同大学で教授を務めていたJames Harrisonという人が入手したもの。第2次世界大戦中にアメリカ空軍兵としてエクアドルを訪れた際、物々交換で手に入れたとされているが、それ以上の詳しい由来は分かっていない。

 

「干し首」は、頭骨を抜き取った頭部を、薬草入りの湯で茹でた後、乾燥させて作られる。全体が縮んで、握り拳ほどの大きさになってしまう。

 

マーサー大学の「干し首」は、いっとき学内の博物館などに展示されていたが、その後倉庫に入れられ、忘れられていたそうだ。ところが、最近になってエクアドルに返還されることになり、エクアドル政府の要請を受けて科学的な鑑定が行われた。

 

この件を報じた海外メディアによれば、獣の皮などで作った偽物の干し首が多く出回っているという。だが、CTスキャンをはじめとした最先端技術による鑑定結果は、人間の頭で作られた「本物」。鑑定を行った同大学の研究者グループは、詳細を論文にまとめて、科学誌「Heritage Science」に発表した。

 

映画に使われていた

 

マーサー大学は、倉庫に眠っていた「干し首」を、映画『Wise Blood』の制作プロダクションに貸し出したことがあるそうだ。1979年に公開されたこの映画は、ジョン・ヒューストン監督によるブラック・コメディで、撮影は大学キャンパスに近いジョージア州メイコン市で行われた。

 

ストーリーは、女性主人公がミイラのような死体を信仰の対象にしてしまうというもので、「干し首」は作り物の胴体につけられた形で使われている。YouTubeに公開されている予告編の中にも、そのシーンがある。海外メディアによれば、本編には女優が「干し首」を抱いて寝る場面もあるそうだ。

 

YouTube/Wise Blood 1979 Trailer

(了)

 

出典元:Fox News:Shrunken head used as prop in John Huston’s ‘Wise Blood’ confirmed to be ‘composed of human tissue’(5/12)

出典元:MailOnline:Bizarre shrunken HEAD used as a film prop is confirmed as a real ‘ceremonial tsantsa’ — a traditional memento made by Amazonian communities by BOILING the head of an enemy slain during combat(5/11)

Return Top