Switch news

知っておきたい世界のニュース

宇宙で結婚式ができるかも?米企業が巨大な気球を使った新たな旅を計画

宇宙で結婚式ができるかも?米企業が巨大な気球を使った新たな旅を計画
YouTube/Space Perspective

先日、アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾス氏がロケットで宇宙空間に到達したが、別の企業も新たな方法で宇宙への旅を実現しようとしている。

 

最大6時間も成層圏を飛行する

 

その企業とは、アメリカのフロリダ州を拠点にしている「Space Perspective」だ。

 

この企業は、サッカースタジアム程もある巨大なバルーンを使い、2024年までに、取り付けたカプセルを高度30000m(30km)まで上昇させ、飛行させることを計画しているという。

 

そのカプセルは8人乗りで、最大で6時間も「成層圏」を飛行し続け、乗客は美しい地球の景色を堪能できるそうだ。

 

※成層圏は大気圏となるため、実際は宇宙空間ではない。宇宙空間は高度100kmまたは80kmと定義されている。ただ学術的には、国際宇宙ステーションも大気圏内を飛行していることになる。

 

YouTube/Space Perspective

結婚式を計画している人も

 

すでに「Neptune One」と呼ばれるテスト機は、6月にケネディ宇宙センターに隣接する「スペースコースト宇宙港」から打ち上げられ、試験飛行を成功させているという。

 

このため「Space Perspective」では6月末から、カプセルへの搭乗予約の販売を開始。値段は1人、12万5000ドル(約1380万円)となる。

 

すでに予約を済ませた人々もいるらしく、彼らの中には、グループでのイベントや結婚式、誕生日会などを計画している人もいるとか。

 

YouTube/Space Perspective
YouTube/Space Perspective

 

このカプセルは360度景色を見わたすことができ、当然バスルーム(トイレなど)やバーも完備。Wifiなども用意されているそうだ。

 

ただし、すでに2024年分の予約は完売しており、まだ2025年分の座席は空いているという。

 

この気球は上昇中も下降も、時速19kmでゆっくり進むため、高度30kmに達するまでには約2時間もかかるそうだ。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Would YOU get married in space? Couples could have their weddings inside a capsule carried by a stadium-size balloon 100,000 feet above Earth by 2024 – but tickets will set you back $125,000(7/19)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top