Switch news

知っておきたい世界のニュース

エリザベス女王を擁護したジェフ・ベゾス、批判殺到の大ブーメランに

エリザベス女王を擁護したジェフ・ベゾス、批判殺到の大ブーメランに
flickr/Steve Sorensen Networth

世界的大富豪であるジェフ・ベゾス氏が、また批判に晒されている。今回は、エリザベス女王の死去に際し、女王を擁護したことが発端だ。

 

「植民地主義者」と非難された女王

 

エリザベス女王の死を悼む声とともに、生前の女王を非難する声もツイッターに湧き上がっている。

 

その1つがカーネギーメロン大学、Uju Anya教授の、9月8日のツイートだ(現在は削除されている)。Anya教授は、イギリスの植民地だったナイジェリアで育った。その時の記憶を交えてこうツイートした。

 

盗み、強姦、大量虐殺を行う帝国の君主がついに死にそうだと聞いた。彼女の痛みが堪え難いものでありますように。

イギリス政府は大量虐殺を支援し、それによって私の親族の半数は無残に殺されるか、住む場所を失うかした。生き残った親族は、その時の記憶を今も引きずっている。こんなイギリス政府を監督していたエリザベス女王を、私は軽蔑する。それ以外の意見を私に期待する人たちは、星を仰いで願っていればいい。

 

このツイート引用してAnya教授を非難したのが、女王を擁護する立場のベゾス氏だ。

 

これが世界を良くするために働くはずの人が書くことか? 私はそうは思わない。ビックリ。——Jeff Bezos @JeffBezos

 

スポンサーリンク

女王擁護がやぶへびに

 

ベゾス氏は何の気なしにツイートしたのかもしれない。だがそれが、藪をつついて蛇を出す結果になってしまった。女王とは関係なく、Amazonで「世界帝国」を築く彼への辛辣な批判が殺到したのだ。いくつか例を紹介しよう。

 

あなたの倉庫の従業員が1日10〜12時間働かされ、トイレの回数も制限され、空き瓶に用を足していることを覚えているのですか? 異常な暑さで気絶した従業員のことは? 違法な組合潰しのことは? もっと例を挙げましょうか?——taurus girl @jaxajueny

 

帝国やその君主を批判するような話題の時、あなた(ベゾス氏)はおそらく黙っているべきだ。——Corin Faife @corintxt

 

ベゾス氏に攻撃されたAnya教授は、こんな皮肉なメッセージを返信している。

 

あなた(ベゾス氏)とあなたの無慈悲な強欲によって傷つけられた世界の人々は、植民地支配者を思うのと同じように、あなたのことも良い思い出として記憶するでしょう。——Uju Anya @UjuAnya

(了)

 

出典元:Metro:Jeff Bezos torn to shreds after tweeting in defence of the Queen(9/9)

出典元:International Business Times:Who Is Uju Anya? US Professor Wishes ‘Excruciating Pain’ on Queen Elizabeth Hours Before She Died(9/9)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top