Switch news

知っておきたい世界のニュース

シンガポールで上映された『スター・ウォーズ』の一部をカット、その理由とは?

シンガポールで上映された『スター・ウォーズ』の一部をカット、その理由とは?
Twitter/Star Wars

※本文にはネタバレの内容があるため、ご了承いただきたい。

 

世界中で公開されている映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。しかしシンガポールで上映されたバージョンでは、ディズニーが映画の一場面をカットしていたことが明らかになった。

 

カットしたことで年齢制限を下げられた?

 

実は『スカイウォーカーの夜明け』では、シリーズで初めて女性同士のキスシーンがあるという。

 

しかしシンガポールで上映された映画では、この部分をカット。これはディズニーが判断し、行ったとされている。

 

シンガポールのメディア規制機関がBBCに語ったところによれば、ディズニーがこの場面をカットしたことで、入場者の年齢制限を高くせずにすんだという。

 

実際、キスシーンがなかったことで、年齢制限のランクが「PG13(13歳から、保護者同伴)」に変わったそうだ。

 

映画に6つの年齢制限がある

 

このようなカットが、他の国でも行われたのかについては明らかになっていない。

 

ただ伝えられるところによれば、中国ではキスシーンがあり、アラブ首長国連邦ではカットされていたとか。

 

そもそもシンガポールでは、映画のレイティングシステム(見ることができる年齢制限の枠)が6つもあるという。

 

G:(一般指定)

PG:(保護者同伴)

PG13:(13歳から、保護者同伴)

NC16:(16歳未満は視聴不可)

M18:(19歳以上)

R21:(22歳以上)

 

またシンガポールでは同性婚が認められておらず、ゲイの性行為も違法とされている。(ただし法律に強制力はない)

 

しかし同国にはゲイ・バーやクラブもあり、毎年LGBTの人が集まる「プライド・パレード(集会)」も行われているという。(了)

 

 

出典元:BBC:The Rise of Skywalker: Disney cuts Star Wars same-sex kiss in Singapore(12/24)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top