Switch news

知っておきたい世界のニュース

愛犬の治療費を賄うため、大切なポケモン・カードを売った少年に支援が集まる

愛犬の治療費を賄うため、大切なポケモン・カードを売った少年に支援が集まる
gofundme

病気になった愛犬のためにポケモン・カードを売った少年に、多くの支援が寄せられた。

 

高額な治療費を払う余裕がない

 

その少年とは、アメリカのバージニア州で暮らすBryson Kliemann君(8)だ。

 

彼には「Bruce」という愛犬がいたが、ある日具合が悪そうにしていたため、母親のKimberly Woodruffさんによって動物病院へ連れて行かれたという。

 

そして不幸なことに、「Bruce」は感染性の強いウイルスに犯されていることが判明。しかも治療には700ドル(約7万6800円)もかかり、Bryson君の家族は高額の治療費を払う余裕はなかったそうだ。

 

愛犬を失いたくはなかった

 

しかし、Bryson君はこのまま愛犬を失いたくはなかった。そのため彼は集めて大切にしていた、ポケモン・カードを売ることを決心。

 

家の前の道路沿いにスタンドを立て、看板も掲げて、ポケモン・カードを売り始めたという。

 

母親のWoodruffさんは、自分の息子が大好きなポケモン・カードを売っていることを知りびっくり。そのため「gofundme」のページを立ち上げ、現在の境遇を伝え、人々に寄付を求めた。

 

当初の目標金額は800ドル(約8万7800円)だったが、このエピソードを見た多くの人々が関心を寄せ、ついに5500ドル(約60万円)以上も集まったそうだ。

 

それにより「Bruce」の治療が1週間にわたって行われ、その後Bryson君と再会できたといわれている。

 

しかもそれから間もなく、ワシントン州の町、Bellevueにあるポケモン・カードの会社が、Bryson君を本社に招待。彼が売ってしまったカードの代わりに、レアカードをプレゼントしたという。Bryson君は、新しいカードに大喜びしていたそうだ。

 

Woodruffさんは、寄付で余ったお金は、「Bruce」が二度と病気にかからないよう、将来のワクチン接種に充てる予定だと述べている。(了)

 

出典元:Indy100:Pokémon sends rare cards to boy who sold his card collection to save his dog(6/2)

出典元:Local12:Va. boy sells Pokémon cards to fund treatment for sick puppy(5/11)

Return Top