Switch news

World News Odyssey

Pickup

プラスチックなどで複雑に尻尾が絡まったリスの子供、無事に切り離すことに成功

プラスチックなどで複雑に尻尾が絡まったリスの子供、無事に切り離すことに成功
Facebook/Wildlife Rehabilitation Center at Wisconsin Humane Society

アメリカで尻尾が複雑に絡まった5匹のハイイロリスが発見され、保護された。

 

プラスチックや草で絡まっていた

 

リスを保護したのは、ウィスコンシン州にある動物保護協会の「野生動物リハビリテーション・センター」。

 

センターのフェイスブックページによれば、5匹のリスはまだ子供で、尻尾にプラスチックや草が複雑に絡まり、お互いにつながっていたという。

 

それらの草やプラスチックは母リスが巣を作る時に集めてきたものとみられ、生まれてからその巣の中で育ったことにより、きつく絡まったと考えられている。

 

このためセンターの職員は処置を行い、なんとか尻尾をそれぞれに残したまま切り離すことに成功した。

 

センターのフェイスブックページでは、次のように説明している。

 

「リスはバランスや暖かさを保つため、尻尾を必要としています。だからできるだけ多く、尻尾を残そうとする試みが重要なのです」

 

Facebook/Wildlife Rehabilitation Center at Wisconsin Humane Society
Facebook/Wildlife Rehabilitation Center at Wisconsin Humane Society
Facebook/Wildlife Rehabilitation Center at Wisconsin Humane Society

どれがどの尻尾なのか分からない

 

しかし絡まった尻尾を解きほぐす作業は、そう簡単には行かなかったようだ。

 

センターの職員はまず、5匹同時に麻酔をかけ、さらに硬い結び目をほぐす作業を行ったという。

 

ただあまりにも複雑に絡まっていたため、どれがどの尻尾なのか見分けることすら、困難だったとか。

 

また血液の循環障害によって引き起こされた尻尾の組織のダメージが、全てのリスにおいて異なっていたため、その点が気がかりだったそうだ。

 

しかしハサミを使い、慎重に処置を進めた結果、20分でプラスチックや草を取り除き、それぞれの尻尾を残したまま切り離すことに成功した。その時の写真が下になる。

 

Facebook/Wildlife Rehabilitation Center at Wisconsin Humane Society

 

センターのフェイスブックページによれば、リスたちはまもなく自然に解き放たれ、尻尾の絡まっていない自由な暮らしを送ることができるという。(了)

 

出典元:Facebook:Wildlife Rehabilitation Center at Wisconsin Humane Society

Return Top