Switch news

アマゾンに生息している巨大魚が、なぜかマレーシアの湖で発見される

アマゾンに生息している巨大魚が、なぜかマレーシアの湖で発見される
Twitter/BKI

アマゾンに生息しているはずの巨大な魚が、マレーシアの湖で死んでいるのが発見され、注目を集めている。

 

長さは2.4m、重さ108kg

 

見つかったその魚は、南米アマゾン川流域に棲む「ピラルクー」とされている。

 

8月5日の午前6時半頃、、ボルネオ島のサバ州にあるTun Fuad Stephens湖の周辺をジョギングしていた人物が、湖に大きな魚が浮かんでいるのを発見したという。

 

魚は死んでおり、その後地元の住民が引き上げたところ、長さは2.4m、重さは108kgもあったそうだ。

 

飼い主が湖に捨てた可能性

 

ボルネオ海洋調査研究所のMuhammad Ali Syed Hussin教授によれば、この魚はもともとこの地域に住んでいる魚ではないという。その上で次のように語っている。

 

「私たちは、ブリーダーかペットの飼い主が、コントロールできないサイズになったことから、この魚を湖に捨てたと信じています。この魚の年齢はわかりません。ただ体の大きさからして、12歳になるかもしれません」

 

 

その後、魚はボルネオ海洋調査研究所に引き取られ、死因を調べるため、水産省の職員とマレーシア・サバ大学の研究者によって検死が行われたという。

 

この「ピラルクー」は川の生態系を壊すことから、マレーシア国内への持ち込みは禁止されているそうだ。(了)

 

 

出展元malaymail:Boat-sized fish native to Amazon floats to lake surface in KK park (VIDEO)(8/5)

出展元:Mirror:Mystery after 17st monster fish from Amazon spotted 11,000 miles away in Malaysia(8/6)

Return Top