Switch news

知っておきたい世界のニュース

マレーシアにいる巨大コノハムシが歩く動画、再生回数100万回超

マレーシアにいる巨大コノハムシが歩く動画、再生回数100万回超
Instagram/science

体が木の葉そっくりの虫、コノハムシ。その中でも最大級のものが動いている動画が最近投稿され、再生回数を伸ばしている。虫なのに木の葉と同じという姿には、自然界の不思議を感じずにいられない。

 

ゆらゆら歩く木の葉

 

その動画は今月18日、理科学系情報サイトGuff Scienceのインスタグラムアカウントに投稿されたもの。海外メディアによれば、すでに視聴回数100万回を超えているという。オリジナルは、イタリアのカップルがインスタグラムに投稿したものらしい。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Science by Guff 🧬(@science)がシェアした投稿

世界最大のコノハムシ

 

コノハムシにはいくつかの種類があるが、映っているのはその中で最も大きいオオコノハムシ(学名:Phyllium giganteum)。Wikipediaによれば、成長すると最大で105 mmほどになるそう。主な生息地はマレーシアの西部とされている。

 

動画の投稿文には、こんな説明が書かれている。

 

世界最大のコノハムシ。Phyllium giganteumは横幅が非常に広いコノハムシで、胴体は葉の形をしている。足にも葉に似た付属物がついている。体表は緑、その縁に沿って茶色の斑点がある。上腹部には飾りのような2つの点がある。緑色の濃さや、茶色い部分の量はそれぞれの個体で異なる。メスは成長すると体長約10cmになる。

 

面白いことに、このオオコノハムシはほぼメスしかいないそうだ。繁殖は主に単為生殖で行われ、メスが産んだ卵が、オスなしにそのまま孵る(Wikipedia)。オスのコノハムシは、いままでに生きた個体が見つかっておらず、標本で2匹の存在が確認されているだけらしい。

 

また、「オオコノハムシのメスを指でつまみ上げると、そのままじっとして動かず、木の葉のふりをし続けるので、歩かせるのは難しい」と、インスタグラムの投稿文に書いてある。動画に映っているのは珍しいシーンらしい。(了)

 

出典元:ZeeNews:Viral video: A leaf or an insect? Watch video to find out(8/28)

Return Top