Switch news

知っておきたい世界のニュース

独裁者・ムッソリーニの孫娘がローマ市議会議員に、2期目の当選を果たす

独裁者・ムッソリーニの孫娘がローマ市議会議員に、2期目の当選を果たす
Instagram/rachele_mussolini

独裁者・ムッソリーニの孫がローマ市の市議会議員として、2期目の当選を果たした。

 

極右政党に所属する市議会議員

 

イタリアのローマ市では10月3日から4日にかけて市議会議員選挙が行われたという。

 

そして6日にほぼ全ての票が集計された結果、Rachele Mussolini氏(47)が8200票以上を獲得。他の候補者よりも多く票を集め、市議会議員として2期目の当選を果たした。

 

Mussolini氏は、極右政党「イタリアの同胞」に属しており、第2次大戦でイタリアの独裁者であったベニート・ムッソリーニの孫娘にあたるという。

 

また前回の2016年に行われた市議会選挙では、657票しか獲得できなかったが、今回はその数を大幅に上回った。

 

「苗字の『重荷』とは関わりたくない」

 

ベニート・ムッソリーニは第2次大戦中、ドイツのヒトラーや日本と同盟を結び、国内では「国家ファシスト党」による一党独裁体制を構築したと言われている。

 

また戦争に負けた時には、連合軍に援助を受けたパルチザンに拘束され、その後処刑。遺体は逆さに吊るされたとも言われている。

 

彼の孫にあたるMussolini氏は、10月4日に新聞「La Repubblica」のインタビューにおいて、「自分の苗字の『重荷』とは関わりたくない」と語り、「多くの左翼の友人がいる」と述べている。

 

一方で、ファシズムに対する見解についての質問には答えず、「ファシズムを称賛することには反対だ」とだけ述べ、さらに「このテーマを扱うには、明日の朝まで話さなければならない」と付け加えた。

 

Mussolini氏の父親はロマーノ・ムッソリーニ氏。彼はジャズピアニストであり、有名女優・ソフィア・ローレンの義理の兄弟にあたるという。(了)

 

出典元:DW:Granddaughter of Mussolini wins seat in Rome municipal vote(10/6)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top